季語|香水(こうすい)

三夏の季語 香水

香水の俳句と季語体臭を消すことが本来の使用目的であり、体臭が最もきつくなる夏場は、活躍の場が広がるために、夏の季語となる。

もとは宗教的用途で使われた。ギリシャには、紀元前1850年頃に香水を製造していたという工場跡地が遺っている。風呂に入ると病気になりやすいと信じられた近世ヨーロッパでは、臭い消しのために香水が重宝された。
マリリン・モンローが、寝る時にシャネルNo.5を身に着けていると答えた話は有名。

亡き人の香水使ふたびに減る  岩田由美


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA