季語|栗の花(くりのはな)

仲夏の季語 栗の花

栗咲く(くりさく)

栗の花の季語と俳句ブナ科クリ属の栗。雌雄異花で、5月から6月に、雄花は穂状、雌花は毬状の白い花をつける。花は地味であるが、雄花は独特の臭いが印象的で、男女の交わりに掛けて詠まれる俳句もある。
このブナ科特有の臭いは、スペルミンという人間の精液にも含まれる物質に起因する。

【栗の花の俳句】

世の人の見付ぬ花や軒の栗  松尾芭蕉
栗咲く香死ぬまで通すひとり身か  菖蒲あや

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA