季語|白地(しろじ・しらじ・はくち)

三夏の季語 白地

白絣(しろがすり)

白地の俳句と季語暑くなると、地の白い衣類が目立つようになる。白地に描かれた模様も涼を誘う。よって白地は夏の季語。

「しらじ」と読んで生娘、「はくち」と読んで素人の女をも指す。

【白地の俳句】

白地着てこの郷愁の何処よりぞ  加藤楸邨

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA