木の芽(このめ・きのめ)

三春の季語 木の芽

木の芽風(このめかぜ)木の芽雨(このめあめ)

季語 木の芽俳句の世界では、春にもえ出る木の新芽のこと。料理界では、サンショウの若芽を「木の芽」と言い、晩春が旬。
古今和歌集に

霞たちこのめもはるの雪ふれば 花なきさとも花ぞちりける

の紀貫之の歌がある。

木々おのおの名乗り出でたる木の芽かな  小林一茶
老木の芽をいそげるをあはれみぬ  富安風生

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA