季語|花篝(はなかがり)

晩春の季語 花篝

花篝の俳句と季語(千代田の大奥お庭の夜桜)夜桜を観賞するために焚く篝火を、「花篝」と言う。電灯を入れた提灯は、「花雪洞(はなぼんぼり)」と言う。
「かがり」は「輝り」である。「花篝」は桜の花を照らし出すためのものであるが、「篝火」自体は電灯のない時代の屋外照明として、奈良時代頃より頻繁に用いられてきたものである。

京都の円山公園の花篝は有名であり、例年3月下旬から4月上旬にかけて、桜をライトアップするとともに篝火が焚かれる。

▶ 関連季語 桜(春)

【花篝の俳句】

花篝月の出遅くなりにけり  西島麦南
まだ焚かぬ花の篝や夕間暮  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA