花火(はなび)

晩夏の季語 花火

手花火(てはなび)遠花火(とおはなび)

季語盆の鎮魂や秋祭りの奉納として打ち上げられ、秋の季語として扱う場合もあるが、両国の花火が川開きとともに行われたことが全国に広がり、夏の風物詩として定着している。
俳諧歳時記栞草では秋之部に分類され、和漢三才図絵の引用で「熢燧(のろし)に代ふべきもの」としているが、「夏月河辺の遊興」との記述もある。
その種類も多く、観賞用では打上花火・仕掛花火・手花火などのおもちゃ花火に分けられる。

花火のルーツは、6世紀頃の中国の狼煙と言われている。13世紀にヨーロッパに渡り、色と音が加わった。日本で観賞用に花火が用いられはじめたのは、室町時代から戦国時代だと考えられているが、外国人の布教に伴うものである。
現代につながる花火を最初に鑑賞したのは、徳川家康だと言われており、1613年8月にイギリスの国司が駿府城を訪れて披露したとされる(1589年に伊達政宗が米沢城で見た、中国人花火師によるものがはじめてのものだとの説もある)。
江戸時代になると、戦での火薬の使用が減少していくとともに、花火を専門に扱う火薬屋が登場し、おもちゃ花火(手花火)の製造を行った。
流行とともに江戸では火災が頻発したために、17世紀に3回に分けて花火禁止令が出された。その影響で、江戸を追われるように地方に花火が広がっていく。

因みに、1659年におもちゃ花火をはじめて売り出した鍵屋が、現在における日本で最も古い花火業者(宗家花火鍵屋)となっている。鍵屋は1711年に、徳川家宣の命で、初めて隅田川に花火(流星)を打ち上げた。享保18年(1733年)5月28日には、水神祭の両国川開き大花火を創始している。
鍵屋と並んで名の挙がる「玉屋」は、1808年に鍵屋が番頭に暖簾分けして生まれた。両国の川開きでは、両国橋を挟んで上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持ち、鍵屋を凌ぐ勢いがあった。しかし、火事を起こしたために一代で取り潰しとなった。
「花火屋は何れも稲荷の氏子なり」という川柳がある。鍵屋は稲荷神を守護神とし、玉屋に暖簾分けする際に、鍵と玉をそれぞれに持つ眷属にあやかったということを謳ったものである。

日本の花火は美しいと言われるが、その最大の特徴は丸さである。外国の花火玉は筒を用いるのに対し、日本の花火玉は球形なので、打ち上がった時に美しい球となる(現在では、外国の花火も改良が進んでいる)。

ねむりても旅の花火の胸にひらく  大野林火
遠き闇終の花火と知らで待つ  野澤節子

インターネット歳時記

炎昼(えんちゅう)

晩夏の季語 炎昼

夏の昼(なつのひる)

季語晩夏の昼は、日射しも強く気だるさを伴うイメージ。灼けつくような夏の午後の暑さを、炎昼と表現した。「炎」は「炎帝」の「炎」であり、「炎帝」は夏を司る神。
昭和13年の山口誓子の句集に「炎晝」があり、「南風つのり湖東の城の鳴りわたる」などが載る。この句集より「炎昼」が多く詠まれるようになったという。

炎昼や日照る石また昃る石  伊丹三樹彦

インターネット歳時記

凌霄花(のうぜんかずら・りょうしょうか・のうぜんのはな)

晩夏の季語 凌霄花

季語中国原産の、ノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本。
「霄」は空のことで、空をも凌ぐほどに高いところに花を咲かせるところから、「凌霄花」と呼ばれる。晩夏から秋にかけて咲かせる橙色の花は、よく目立つ。英語では、トランペットフラワーと呼ばれる。

陵苕(のうしょう・まかやき)とも呼ばれ、乃宇世宇として本草和名に載ることから、平安時代以前に渡来していたと考えられている。薬用として栽培され、日干しにした花には、利尿効果があるとされた。
花言葉は「名声」。中国では、ものに絡まりついて高く伸びていく様から、愛の象徴とされる。
鳥飼洞斎の「改正月令博物筌」には「凌霄花之詞」の引用があり、酒に酔った仙女・素娥の髪から落ちた簪が凌霄花になったという。

すこしづつ時計のくるふ凌霄花  三田きえ子

インターネット歳時記

夏休み

晩夏の季語 夏休み

季語7月下旬から8月にかけての長期休暇を夏休みと言う。社会人にとっては盆休みが夏休みとなることが多いが、「盆休み」と言うと、秋の季語になる。
主に避暑を目的とするが、盂蘭盆明けの後の薮入が起源との説もある。小中高校では7月21日から8月31日までを夏休みとするところが多いが、冷涼な地方では期間が短くなり、冬休みを長くとる。

夏休み犬のことばがわかりきぬ  平井照敏

インターネット歳時記

蓮(はす)

晩夏の季語 

白蓮(はくれん・びゃくれん)はちす(はちす)

季語インド原産のハス科多年性水生植物。水芙蓉・水の花とも呼ぶハスの花を、「蓮華(れんげ)」とも言う。7月の誕生花で、インド・スリランカ・ベトナムでは国花になっている。
7月から8月にかけて咲く花の色は白から桃色で、朝に開花して昼には閉じる。

地下茎は「蓮根(れんこん)」で、「蓮根掘る(はすねほる)」が冬の季語になる。
花托がハチの巣に似ていることから古くは「はちす」と呼ばれており、「ハス」に転訛した。

インドでは太古から聖なる花と見なされ、ヒンドゥー教では梵天、つまり創造神・ブラフマーが座すとされる。また仏教では、仏の智慧や慈悲の象徴となっている。
日本には古くから渡来していたと考えられており、縄文から弥生時代にかけての遺跡から出てきた古代蓮が、現代に蘇っている。

維摩経に「泥中の蓮」があり、北宋時代の愛蓮説には「蓮は泥より出でて泥に染まらず」とある。また「一蓮托生」という言葉は、死後に同じ蓮花の上に生まれ変わるという意味の仏教用語であり、転じて、結果はどうあれ行動を共にすることをいう。
「蓮の糸(はちすのいと)」は極楽往生の縁を結ぶとされている。「紅蓮地獄」は、寒さのために皮膚が破れて紅色の蓮のようになるという地獄の名である。

古事記(雄略記)には、赤猪子という美しい童女が結婚を約束されるが、すっかり忘れ去られていて、年老いてから再開する話が出てくる。そこで歌われる志都歌の最後に、蓮の花を、若い盛りの比喩に用いている。

日下江の入江の蓮 花蓮身の盛人 ともしきろかも

万葉集に蓮は4首出てくるが、長意吉麻呂は

蓮葉はかくこそあるもの意吉麻呂が 家なるものは芋の葉にあらし

と、蓮の葉に似ている芋の葉に絡めて、面白く歌い上げている。

うす縁や蓮に吹かれて夕茶漬  小林一茶
鯉飛びてあだに蓮ちる夕かな  勝見二柳

インターネット歳時記

蝉(せみ)

晩夏の季語 

油蝉(あぶらぜみ)初蝉(はつぜみ)・蝉時雨(せみしぐれ)蝉の声(せみのこえ)

季語カメムシ目に属する。日本では、夏の蝉としてニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミが親しまれている。
「7日の命」とも言われ、短命の代名詞のような蝉の存在であるが、成虫でも1カ月ほど生き続ける。幼虫からの期間を入れると、10年以上生きる種類もあり、昆虫としては寿命は長い。
雌は枯木に産卵し、幼虫は地中で生活する。羽化は夜間に行われ、成虫となった後は樹液を吸って生活する。雄のみが、求愛のために鳴く。

夏の蝉の中で一番早く鳴きはじめるのは、体の小さなニイニイゼミで、6月末に出現する。鳴き声は、その名の通り「ニイニイ」と聞きなす。一日中鳴き、夜でも街灯の近くで鳴くことがある。
アブラゼミは、油紙に似た茶色い翅を特徴とする。7月頃に出現し、午後を中心に「ジーーー」と鳴いて、暑い夏をより暑く感じさせる。
クマゼミは、沖縄にのみ生息するヤエヤマクマゼミを除けば、国内最大の蝉で、午前中に「シャオシャオ」と鳴く。7月15日前後に発生し、1カ月ほど、騒音とも言われるほどの大きな声で集団合唱する。南方系の蝉で、近年では東京でもふつうに見られるようになったと話題になっている。
ミンミンゼミは、「ミンミン」という鳴き声が特徴で、7月頃に出現し、午前中を中心に鳴く。ただし、北海道では発生が早く、6月下旬には鳴き始める。西日本では山地、東日本では平地によく見られることが知られている。映画などで日本の夏が描かれる時に使われる音響は、大概ミンミンゼミの鳴き声である。

地中から生じることから、中国では復活の象徴となっている。日本では短命の象徴として取り上げられ、抜け殻を「うつせみ」と呼ぶなど、もののあわれに結び付けられている。
万葉集の蝉の大半は秋の蝉であるだが、1首のみ大石蓑麻呂の歌として

石走る瀧もとどろに鳴く蝉の 声をし聞けば都し思ほゆ

が載る。ただし「うつせみ」の掲載は46首に上り、「現世」の意で用いられている。
セミの語源は中国語の「蝉(せん)」と言われているが、これはセミの鳴き声から来ている。

おくの細道」にある芭蕉の「閑かさや~」の蝉の句は、元禄2年5月27日(1689年7月13日)に、出羽国の立石寺で詠まれたもの。蝉の種類はニイニイゼミだと言われている。

閑かさや岩にしみ入る蝉の声  松尾芭蕉
せみなくやつくづく赤い風車  小林一茶

インターネット歳時記

青田(あおた)

晩夏の季語 青田

青田風(あおたかぜ)青田道(あおたみち)

季語まだ稲の実っていない、7月下旬ごろの青々とした田のことをいう。稲を植え付ける前は「黒田」、雪が積もった冬の田は「白田」という。

俳諧歳時記栞草に、杜甫の「六月青稲多 千畦碧泉乱」を引用して、「風景見るべし」とある。

稲の収穫前に先買いすること、転じて企業が卒業前の学生を採用することを「青田買い」と言う。また、建築工事が完了していない内に建築物の販売などをすることを「青田売り」と言う。

山々を低く覚ゆる青田かな  与謝蕪村
一点の偽りもなく青田あり  山口誓子

インターネット歳時記

梅干(うめぼし)

晩夏の季語 梅干

干梅(ほしうめ)梅漬(うめづけ)

季語塩漬けしたのち日干しにしたものを梅干、塩漬けのみのものを梅漬という。
6月頃に熟した梅を塩漬けにして赤紫蘇を加えて色づけした後、「土用干し」したりして出来上がる。赤紫蘇を加えないものを「白干し」などと呼ぶ。

梅干はもともと、梅酢の副産物で、中国起源の漢方薬である。日本では、頭痛への効果から、梅干片をこめかみに貼る「梅干婆さん」が現われた。現在では、防腐効果や疲労回復効果などが広く知られている。

梅干の種は「天神様」と呼ばれるが、これは、梅の花を愛でた天神様こと、菅原道真公に因む。「梅は食うともさね食うな、中に天神寝てござる」と歌われている。種を食すと、漬けても残存することのある毒素が、人体に悪影響を及ぼすことがある。
申年に作った梅干しは、食べると健康長寿になるという伝承がある。
和歌山県は梅の産地で知られるが、特産の南高梅でつくられる梅干は、最高級品として珍重されている。

梅干して人は日蔭にかくれけり  中村汀女



夏は梅干し!夏祭り超目玉クーポンで衝撃の20%OFF!【送料無料】3年連続グルメ大賞!楽
2376円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【送料無料】★おかげ様で3年連続楽天グルメ大賞受賞★ 数量限定商品です。多少のキズ
【紀州のおいしい梅干し屋さん梅美膳】

《クーポン発行中》【送料無料】梅干し はちみつ漬け500g×4パック(合計2kg) 訳あり 紀州南
4275円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
期間限定で内容量25%増量キャンペーン中(1パックあたり400g→500g)
【こだわり厳選食品館】

紀州南高梅 しそ漬梅1kg たっぷりお得用 送料無料 但し、北海道・沖縄・離島別途送料¥50
2300円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【赤しその香り高い液にじっくり漬け込み味わい深い逸品に仕上げました。】【しそ梅】
【うめ南高苑】

塩分ひかえめでおいしいすこやか梅 6パック
5400円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
果肉のやわらかい南高梅を、独自の製法で塩分を極力抑えて作った梅干しです。
【はぴねすくらぶ 楽天市場支店】

紀州南高梅 はちみつ梅1kg たっぷりお得用 つぶれ梅 訳あり 送料無料 但し、北海道
2300円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
紀州産の南高梅に、純粋なはちみつを加えた果肉たっぷりのマイルドな梅干。
【うめ南高苑】

\1,000円ポッキリ/ 塩分4% 小粒 梅干し 訳あり つぶれ はちみつ 350g 送料無料(但し北海道
1000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
見た目こそ悪い小粒つぶれ梅ですが、塩分はなんと4%、国産はちみつを100%使用し、安心・
【梅一幸】

大感謝価格 送料無料 つぶれ梅 梅干し ちょい訳あり 紀州南高梅 はちみつ漬け 
2980円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
大感謝価格!最安値に挑戦!!ちょい訳ありの紀州南高梅
【紀原の梅】

猿梅 手土産用木箱入り(ギフト贈答用400g)梅干し 紀州南高梅 お中元 お歳暮 内祝い 引
2700円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
最高級の梅を気品ある木箱に入れた手土産用。猿梅人気の「まろやか」と「ひかえめ」の
【猿梅 (紀州の梅干)】

楽天ランキング1位獲得! 訳あり はちみつ 梅干し つぶれ梅 1キロ (500g×2パック) 減塩 塩
2980円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
夏ギフト お中元 贈り物 誕生日プレゼント【送料無料】
【Plus Cherie 楽天市場店】

紀州南高梅 はちみつ梅 500g つぶれ梅 送料無料但し北海道、沖縄、離島別途送料¥500 訳
1500円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【紀州産の南高梅に、純粋なはちみつを加えた果肉たっぷりのマイルドな梅干し】【梅干
【うめ南高苑】

紀州産うす塩味南高梅セット「匠・しそ漬梅」(美濃焼壺入) 5025107 【高級/梅干し/はちみ
12312円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【5%OFF】【送料無料】【フリーメッセージ無料】帝国ホテルへの納入実績のあるメーカ
【ギフトプラザ フレンド】

【ふるさと納税】紀州南高梅(白干し)たっぷり2kg【無添加】昔ながらのしょっぱい梅干し
10000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
無添加・無着色だから安心してお召し上がり頂けます
【和歌山県御坊市】

梅 訳あり つぶれ梅 紀州 南高梅 セール はちみつ うめしそ 500g 送料無料 ポイント消化 お
1198円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
梅(紀州南高梅)訳あり[送料無料]つぶれ梅 はちみつ うめぼし
【はみだしショップ】

向日葵(ひまわり)

晩夏の季語 向日葵

季語北アメリカ原産の、キク科の一年草。一輪のヒマワリは、一つの花ではなく、外輪の黄色い花びらを構成する「舌状花」、内側の茶色い部分を構成する「筒状花」の集合体である。
太陽を追うように花を向けることから、向日葵(ひまわり)の名がつき、「あなただけを見つめる」という花言葉を持つ。ただし、竹下しづの女の句にあるように、花が咲ききってしまうと太陽を追いかけなくなり、普通は東を向いたままになる。

紀元前からインディアンは食用としており、16世紀にスペイン人が持ち帰ったことで西洋に広がった。日本には1660年頃、中国経由で伝わり、当初は「丈菊」と呼ばれた。江戸時代の絵師・伊藤若冲には「向日葵雄鳥図」があり、伝播とともに、比較的間を置かず広まったことが読み取れる。なお、大和本草(1709年)には、「花よからず、最も下品」とある。
この花を好んだ画家として、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが知られており、生涯に12点のヒマワリを描いた。その内の一点は、損保ジャパン日本興亜美術館に常設されている。

ロシアやペルーでは国花になっている。日本では、福島県の三ノ倉高原ひまわり畑で250万本、北海道の北竜町ひまわりの里で150万本のヒマワリが花を咲かせる。東京近郊でも、神奈川県の座間市ひまわり畑が人気スポットとなっている。

日を追はぬ大向日葵となりにけり  竹下しづの女

インターネット歳時記

睡蓮(すいれん)

晩夏の季語 睡蓮

未草(ひつじぐさ)

季語 スイレン科スイレン属の多年生水草。7月から8月にかけて花をつける。蓮と異なり、茎は水面から立ち上がらない。日本に古来自生するのはヒツジグサで、それ以外は明治時代以降の外来種か、それを交配させたもの。印象派のクロード・モネが好み、庭につくった睡蓮の池を描いた一連の絵画「睡蓮」はあまりにも有名。高知県北川村に再現された「北川村モネの庭マルモッタン公園」は、モネ財団公認の睡蓮の池がつくられたことで知られている。
ヒツジグサの語源は、未の刻に花を咲かせるところにある。夜には花を閉じてしまうことから、漢名では、睡る蓮として睡蓮の字が当てられる。

漣の吸ひ込まれゆく未草  西村和子

インターネット歳時記