俳句

季語|芭蕉の花(ばしょうのはな)

晩夏の季語 芭蕉の花

花芭蕉(はなばしょう)

芭蕉の花バショウ科バショウ属バショウは、7月から9月頃に花をつける。中国原産とされるが、英名はジャパニーズ・バナナである。花も実もバナナによく似ているが、実は種が多くて苦みが強いために食用に適さない。
バショウの花は雌雄異花で、花序の基部近くに雌花が先に咲く。花茎を垂らしながら伸ばした先端の苞の間に雄花が咲く。雌性先熟で自家受粉を避けている。

▶ 関連季語 芭蕉(秋)

【芭蕉の花の俳句】

法の世や在家のばせを花が咲く  小林一茶

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|竜の鬚の花(りゅうのひげのはな)

晩夏の季語 竜の鬚の花

蛇の髭の花(じゃのひげのはな)

竜の鬚の花キジカクシ科スズラン亜科ジャノヒゲ属ジャノヒゲは、北海道から九州の森林に自生する常緑の多年生草本で、7月から8月頃に白色または薄紫の花を下向きにつける。庭などを緑で覆うためのグラウンドカバープランツとしてよく利用される。また、水に強いために、アクアプランツとして水槽で利用されることもある。
その葉を能面の「尉(じょう)」の顎鬚に見立て、「尉の鬚(じょうのひげ)」と呼んでいたものが、「蛇の髭(じゃのひげ)」に転訛したものと考えられている。そこから「竜の鬚」という呼称が生まれた。
万葉集に14首歌われる「山菅(やますげ)」はカヤツリグサ科スゲ属の植物であるとの見方が強いが、ジャノヒゲであるとの説もある。
ジャノヒゲの実は、「竜の玉」として冬の季語になる。

【竜の鬚の花の俳句】

おもむろに花をもたげぬ竜のひげ  室積波那女

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|棉の花(わたのはな)

晩夏の季語 棉の花

綿の花(わたのはな)

棉の花「綿花(めんか)」とすれば、綿の実であるふわふわとしたコットンフラワーのことであるが、「綿の花」として夏の季語になるのは、本当の花の方である。因みに、収穫した綿は「新綿」として秋の季語となり、「綿」は防寒に用いられることから冬の季語になる。

木綿がとれるワタは、アオイ科ワタ属の植物の総称で、約50種が知られている。花は7月から8月頃に咲く一日花で、花が萎んで約1か月すると、実が割れてコットンボールと呼ばれる繊維のかたまりが現れる。
アジアや中南米の熱帯地方原産の多年草であるが、日本では寒さのために一年草となる。平安時代初期にインドから渡来したが根付かず、安土桃山時代に中国経由で入ってきたものが九州で栽培され始め、広まった。

【棉の花の俳句】

この中のかたき実に触れ棉の花  阿部みどり女

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|胡麻の花(ごまのはな)

晩夏の季語 胡麻の花

胡麻の花ゴマ科ゴマ属ゴマは、アフリカのサバンナ原産の一年草で、7月から8月頃に花をつけ、「胡麻の花」で夏の季語になる。種を採る「胡麻」は秋の季語になる。分類学上、ゴマ属の植物は数十種あるが、食用にされるのは一種のみ。ただし、数千にのぼる品種がある。
胡麻の花は朝に開花するが、その時には既に受粉を終えている。花は葉の付け根に付き、下から順に咲いていく。

インドやエジプトでは、紀元前3000年頃に既に栽培が行われていたと考えられている。中国には紀元前1世紀頃に胡から伝わったとされ、「胡」の「麻」という意味で「胡麻」と名付けられた。日本ではそれを音読みにして「ごま」と呼ぶ。因みに日本では縄文時代の遺跡から種子が出土しており、かなり古くに渡来していたものと考えられる。

【胡麻の花の俳句】

胡麻咲いて人にけものに鍵ある世  大木あまり

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|糸瓜の花(へちまのはな)

晩夏の季語 糸瓜の花

糸瓜の花 ウリ科ヘチマ属ヘチマは、7月から9月頃に黄色い花をつける蔓性の一年生植物で、「糸瓜の花」は夏の季語になる。実が成るのは8月から10月頃で、こちらは「糸瓜」で秋の季語となる。絶筆三句に糸瓜を詠み込んで亡くなった正岡子規の命日9月19日は「糸瓜忌」という。

夏場の日除けのために植えられることが多く、花は雌花と雄花に分かれ、花の下の膨らみで見分けることができる。膨らんでいる方が雌花である。

【糸瓜の花の俳句】

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな  正岡子規

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鷺草(さぎそう)

晩夏の季語 鷺草

鷺草ラン科ミズトンボ属サギソウは、本州から九州の湿地帯に自生する日本原産の植物で、準絶滅危惧種に指定されている。園芸品種には「天の川」「銀河」などの名がつくものがある。スズメガによる虫媒花で、7月から8月頃に花をつける。
「鷺草」の名は、白鷺を思わせる花の形からきている。

東京都世田谷区には、「さぎ草物語」が伝わる。それによると、当地の城主の側室となった常磐姫は、美しさのあまり他の側室から妬まれ、噂話を信じた城主も遠ざけるようになった。それを憂いた常磐姫は、可愛がっていた鷺の足に父母への手紙をくくりつけて放った。狩りをしていた城主は、たまたまその鷺を射ち落とし、手紙を見て真実を知ることになる。城主は常磐姫のもとに使者を送ったが、時すでに遅く自害していた。
白鷺を埋めて供養した所から咲いた花が「鷺草」だという。そこはかつて奥沢城だったが、現在は浄真寺(九品仏)になっている。

【鷺草の俳句】

めざめれば鷺草ひとつ咲いて待つ  澁谷道

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|ダリア(だりあ)

晩夏の季語 ダリア

ダリヤ(だりや)天竺牡丹(てんじくぼたん)

ダリアキク科ダリア属の多年生草本植物の総称で、花は6月から7月が最盛期であるが、11月頃まで咲く品種もある。ダリアの原種はピンナタ、コッキネアなど数種。園芸品種は数万種にのぼり、最も多くの品種を持つ植物のひとつ。
園芸品種は、花の大きさや草丈などで分類されるが、花の形による分類では「シングル咲き」「ポンポン咲き」「アネモネ咲き(丁字咲き)」「デコラティブ咲き(八重)」「カクタス咲き(八重で花びらが巻く)」「ピオニー咲き(波打つ八重咲き)」「オーキッド咲き(花びらが巻く)」「コラレット咲き(2種の花びら)」がある。

メキシコ原産で、メキシコの国花である。アステカでは、ダリアは神聖な花とされていた。
日本へは、1842年(天保13年)にオランダから長崎に持ち込まれ、花が牡丹に似ていることから「天竺牡丹」と呼ばれた。

「ダリア」の名は、スウェーデンの植物学者「Dahl(ダール)」に因む。ダールは、1789年にダリアの種がメキシコからマドリード植物園に持ち込まれた時、栽培を成功させた人物である。

【ダリアの俳句】

あつき名や天竺牡丹日でり草  正岡子規

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|槐の花(えんじゅのはな)

晩夏の季語 槐の花

花槐(はなえんじゅ)

槐の花の俳句と季語マメ科エンジュ属エンジュは、中国原産の落葉高木。日本へは、仏教の伝来とともに渡来したとの見方がある。街路樹として植えられ、東京ではプラタナス・イチョウに次いで多い。7月から8月頃に小さな花がたくさん咲く。
花は「槐花(かいか)」という止血効果のある生薬になる。

中国では朝廷の庭に植えられて宮廷高官である三公の座位を示したことから「出世の木」とされ、日本でも縁起の良い木とされる。源実朝の「金槐和歌集」は、「金」で鎌倉を表し、「槐」によって右大臣の位を指し示している。

「槐(えんじゅ)」の語源は「恵爾須(えにす)」であり、槐の種子の呉音である「槐子(えす)」から来ている。縁起が良い樹として「延寿」の字が当てられ、「槐」も「えんじゅ」と読むようになった。
「槐」の漢字は、魔除けのために鬼門に植えられたことを表している。

醍醐天皇が雷を嫌ったために、空海は雷避けのために槐を加茂川東岸に植えたという。

【槐の花の俳句】

又しても槐の花のゆらぎかな  岡井省二

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所



【お買い得品】パイロット 万年筆 カスタム槐 エンジュ モクメ 細字 FKV-5MK-ME-F
40700円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【宅配便出荷商品】【北海道・沖縄・離島出荷不可】【ラッピング可】 【ペンの達人】

季語|月下美人(げっかびじん)

晩夏の季語 月下美人

月来香(げつらいこう)・女王花(じょおうか)

月下美人サボテン科クジャクサボテン属ゲッカビジンは、メキシコ原産のサボテンの一種。日本では6月から10月頃、一晩のみ花をつけ、ジャスミンに似た芳香を漂わせる。コウモリを呼び寄せる哺乳類媒花である。
原種は白花で、園芸品種には赤や桃色などもある。日本へは、大正時代の末に渡来してきた。1980年代以前に国内に流通していたものは、1株の原種からのクローンだったため果実ができなかったが、現在流通しているものの中には果実ができるものがあり、「食用月下美人」と呼んでドラゴンフルーツに似た赤い果実を食す。因みに、花も食すことができる。

「月下美人」は、夜間に美しく咲く花を形容した名であるが、昭和天皇が皇太子として台湾を訪れた際、当時の台湾総統が「月下の美人」と紹介したことから、「月下美人」という名が定着したという。
1年に1度しか咲かないと流布されてきたが、2回以上咲くことがある。また、満月の夜にしか咲かないというのも間違いである。

【月下美人の俳句】

月下美人力かぎりに更けにけり  阿部みどり女

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|松葉牡丹(まつばぼたん)

晩夏の季語 松葉牡丹

日照草(ひでりぐさ)・爪切草(つめきりそう)

松葉牡丹スベリヒユ科スベリヒユ属マツバボタンは、南アメリカ原産の一年草で、オランダ経由で江戸時代末期に渡来した。
6月から9月頃に赤・橙・桃・黄・白色などの花をつける。八重咲きが多いが、一重もある。一つの花は数日で萎むが、夏の間、次から次に咲く。多肉質の葉を持ち、高温乾燥に強い。

葉を松に、花を牡丹に見立てて「松葉牡丹」と名付けられた。炎天下にも咲くので「日照草」、茎を切って土に挿すと簡単に根付くので「摘切り草」転じて「爪切草」とも呼ばれる。

【松葉牡丹の俳句】

小豆干し松葉牡丹はまだ燃えて  清崎敏郎

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に