俳句

俳人検索結果



飯島晴子 

遅き日に打累ねたる蛇身かな 
飯どきや亀の鳴かうと鳴くまいと 
橋の名の嫁入橋や夏霞 
白髪の乾く早さよ小鳥来る 
八頭いづこより刃を入るるとも 
稲の香に晩き恋などあるもよし 
人の身にかつと日当る葛の花 
冬砂丘足跡遁るべくもなく 
寒晴やあはれ舞妓の背の高き 
凍蝶を過のごと瓶に飼ふ 
年迎ふ鈴を惜まず三番叟 
コンドルの貧乏歩きも四日かな 
大根葉の青さゆゆしき女正月 
濤音の七草粥を吹きにけり 
泉の底に一本の匙夏了る 
螢の夜老い放題に老いんとす 
天網は冬の菫の匂かな 
らしくともらしくなしとも猪の跡 
安宿に棘うごく海胆すすりけり 
橡の花きつと最後の夕日さす 
死んだやうにダリヤがかくしてゐる少年 
木苺の花の日ぐれを持てあます 

【中古】飯島晴子の百句
4500円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【お取り寄せ本舗 KOBACO】