俳人検索結果



久保田万太郎 

冬紅葉冬のひかりをあつめけり 
秋風のふきぬけゆくや人の中 
時計屋の時計春の夜どれがほんと 
淡雪のつもるつもりや砂の上 
はつ午や煮しめてうまき焼豆腐 
扇風機止めれば雨の音のまた 
一つ追ひをれば二つに夜の蠅 
芍薬のはなびらおつるもろさかな 
神田川祭の中をながれけり  (草の丈)
草の花ひたすら咲いてみせにけり 
かたまりて咲きて桔梗の淋しさよ 
年用意靄あたたかき日なりけり 
湯豆腐やいのちのはてのうすあかり 
みたくなき夢ばかりみる湯婆かな 
竹馬やいろはにほへとちりぢりに  (道芝)
寒詣かたまりてゆくあはれなり 
あらひたる障子立てかけ一葉忌 
わかくさのいろも添へたり切山椒 
ふゆしほの音の昨日をわすれよと 
わが胸にすむ人ひとり冬の梅 
鎌倉の夜長にはかに到りけり 
去年よりの雪小止みなき初湯かな 
いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ  (流寓抄)
さゞなみをたゝみて水の澄みにけり 
はや夏に入りたる波の高さかな 
耳もとに波のわきたつ南風かな 
かなかなの鈴ふる雨となりにけり 
熱燗やふすまあくたびあぐる顏 
冬来る平八郎の鯉の図に 
冬椿世をしのぶとにあらねども 
叱られて目をつぶる猫春隣 
春眠をむさぼりて悔なかりけり 
囀りや己のみ知る死への道 
春の灯のあるひは暗くやはらかく 
ふる雨のおのづから春の夕かな 
竹の秋道山科に入りにけり 
庭木刈つてみゆる東京タワーの灯 
とある日の銀杏もみぢの遠眺め 
春塵やいつひろごりし生活の輪 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に