俳句例句(季語から)



紅葉 

一枚の紅葉かつ散る静かさよ  高浜虚子
吊橋を見せて且つ散る紅葉かな  轡田進
青空の押し移りゐる紅葉かな  松藤夏山
紅葉して桜は暗き樹となりぬ  福永耕二
障子しめて四方の紅葉を感じをり  星野立子
船あしをゆるめ近づく島紅葉  波多野爽波
水草にはじまる園の紅葉かな  片山由美子
うらをみせおもてを見せてちるもみじ  良寛
もののふの紅葉にこりず女とは  秋色
亭ところどころ渓に橋あるもみじかな  正岡子規
紅葉より瀧ちる谷間谷間かな  正岡子規
関照るや紅葉にかこむ箱根山  小西来山
まぎるゝや笠も紅葉も雨の音  夏目成美
暫くは雑木紅葉の中を行く  高浜虚子
落ち合うて川の名かはる紅葉かな  大谷句仏
とある日の銀杏もみぢの遠眺め  久保田万太郎
紅葉焚くことも心に本を読む  山口青邨
滝の中つと流れ落つ紅葉あり  松本たかし
たゞ忍べ燃ゆる紅葉の夕冷えは  中村草田男
杉の上に馬ぞ見えくるむら紅葉  宝井其角
今日の別れ心の波に紅葉散る  栗田樗堂
暮るゝ日に尾上の紅葉紛れけり  藤原保吉

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に