俳人検索結果



杉田久女 

月の輪をゆり去る船や夜半の夏 
秋の夜やあまへ泣き居るどこかの子 
花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  (ホトトギス)
ぬかづけばわれも善女や仏生会 
岐阜提灯庭石ほのと濡れてあり 
遊船のさんざめきつつすれ違ひ 
杉くらし仏法僧を目のあたり 
よそに鳴る夜長の時計数へけり 
白萩の雨をこぼして束ねけり 
わが傘の影の中こき野菊かな 
笑み解けて寒紅つきし前歯かな 
わが歩む落葉の音のあるばかり 
谺して山ほととぎすほしいまゝ 
新茶汲むや終りの雫汲みわけて 
摘み摘みて隠元いまは竹の先 
平凡の長寿願はず蝮酒 
雛菓子に足投げ出せる人形たち 
東風吹くや耳現はるゝうなゐ髪 
春雷や俄に変る洋の色 
鳥雲にわれは明日たつ筑紫かな