俳人検索結果



石田波郷 

バスを待ち大路の春をうたがはず  (鶴の眼)
低頭せり年酒の酔の果にして 
雁やのこるものみな美しき  (病鴈)
霜の墓抱起されしとき見たり  (惜命)
今生は病む生なりき烏頭  (酒中花以後)
あえかなる薔薇撰りをれば春の雷  (鶴の眼)
手花火を命継ぐ如燃やすなり  (春嵐)
田楽に舌焼く宵のシュトラウス 
とまり木に隠れごころや西行忌 
捕虫網踏みぬ夜更けの子の部屋に 
雨がちに端午ちかづく父子かな 
万緑を顧みるべし山毛欅峠 
名月や門の欅も武蔵ぶり 
草負うて男もどりぬ星祭 
森を出て会ふ灯はまぶしくつわ虫 
朝顔の紺の彼方の月日かな 
露草の露ひかりいづまことかな 
篁の鉾ゐならべり冬構 
寒菊や母のやうなる見舞妻 
琅玕や一月沼の横たはり 
いつまでも老いぬあはれや切山椒 
うらわかき膝しづまれり初茶の湯 
鷽ひとつ替ふることなく書架にあり 
鳩とゐて朝焼雀小さしや 
プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 
枯草原白猫何を尋ねゆくや 
妻よ我が短日の頬燃ゆるかな 
春驟雨木馬小暗く廻り出す 
跫音高し青きジャケツの看護婦は 
冷し酒夕明界となりはじむ 
雀らも海かけて飛べ吹流し 
病室に降る煤のあり半夏生 
蚊を打つて頬やはらかく癒えしかな 
悉く遠し一油蝉鳴き止めば 
驟雨過の松の点滴浴びゆくや 
かなかなや永睡りせし巌の上