春(はる)

三春の季語 

春の日(はるのひ)・東帝(とうてい)・青帝(せいてい)

季語太陽暦では3月から5月まで、陰暦では1月から3月までを春という。二十四節気では、立春から立夏の前日まで。語源は、田畑を「墾る(はる)」からきているという説がある。古今和歌集の紀友則の歌、

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

は、百人一首33番。

発句也松尾桃青宿の春  松尾芭蕉
春や昔十五万石の城下哉  正岡子規



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA