季語|春日傘(はるひがさ)

晩春の季語 春日傘

季語と俳句で春日傘紫外線は、春から急に増えると言われ、日焼けの原因となる。また、気候が良いために外に出る機会も増え、春の日焼け対策は夏以上に重要だと言う者もいる。
日傘は夏の季語であるが、桜の咲く3月下旬になると、傘の花も咲き始める。傘をたたむ時に、浴びた花弁に気づくなどということも。

▶ 関連季語 日傘(夏)

【春日傘の俳句】

はなびらのごときをたたみ春日傘  片山由美子

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA