俳句

季語|鯰(なまず)

仲夏の季語 

鯰ナマズ目ナマズ科の魚の総称で、主にナマズと呼ばれるマナマズを指す。マナマズは、東アジアの河川や湖沼の泥底に生息する肉食性の淡水魚で、口ヒゲと幅広い口が特徴。
鯰は夏の季語になっているが、5月から6月は繁殖期にあたり、群れをなして浅い水域で繁殖活動をすることに因む。
現代日本では泥臭さを嫌って食されることは稀であるが、中国料理ではよく用いられ、日本でも、平安時代以前の古代からよく食されていたと考えられている。また、郷土料理として提供される地方もあり、養殖技術も確立されている。
水田文化との縁も深く、日本では古くから親しまれてきた魚であり、特に、ナマズが暴れて地震が起こるという俗説は有名である。
「鯰」は国字で、中国ではナマズのことを「鮎」と書く。

【鯰の俳句】

泥川の月夜に泛きぬ大鯰  青木月斗

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|甘草(かんぞう・あまくさ・あまき)

初夏の季語 甘草

甘草マメ科カンゾウ属の植物の総称で、ウラルカンゾウやスペインカンゾウなどがある。6月から7月ころに薄紫の花をつける。
4000年前のインドではすでに薬用として利用されており、人類史上最も古いとも言われる薬用植物である。根を乾燥させたものは生薬として利用されるほか、甘味料としても用いられる。漢方薬としては広範囲に利用される植物で、「国老」とも呼ばれた。日本へも古くから渡来し、正倉院にも保存されている。

【甘草の俳句】

甘草の芽のとびとびのひとならび  高野素十

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鉄線花(てっせんか)

初夏の季語 鉄線花

鉄線(てっせん)・クレマチス

鉄線花キンポウゲ科センニンソウ属のつる性植物のことを鉄線というが、中でも大きい園芸品種をクレマチスと呼ぶ。中国原産で、5月から6月頃に白色や紫色などの花を咲かせる。花弁は4枚や6枚のものが多いが、日本には、カザグルマと呼ばれる8弁の野生種がある。
鉄線のように丈夫な蔓が、鉄線花の語源になっている。

【鉄線花の俳句】

てつせんのほか蔓ものを愛さずに  安東次男

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鮠(はや)

三春の季語 

柳鮠(やなぎばえ)

鮠コイ科の淡水魚の内、中型で細長い体型を持つものの総称で、ウグイやオイカワ・カワムツなどを指す。柳の葉に似ていることから、柳鮠とも呼ぶ。晩春に繁殖期を迎える。
食材として利用されることは少ないが、中部地方などでは郷土料理となっているところもある。旬は冬から春にかけてである。

【鮠の俳句】

鮠つるや水輪相つぐ夕流れ  原石鼎

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|汐干狩(しおひがり)

晩春の季語 汐干狩

潮干狩(しおひがり)汐干(しおひ)

汐干狩干潮時に遠浅の砂浜で貝などを採取すること。アサリやハマグリが主な対象となる。「汐干」は干潮を指す言葉であるが、「潮干狩」のことをも指す。
水が温み始める春から夏にかけてがシーズンであるが、旧暦三月の大潮は、干潟が広くなるため、広範囲に潮干狩りを楽しむことができる。沖縄では旧暦3月3日を浜降り(はまうり)と呼び、主に女性が御馳走を持って浜辺に降り、潮干狩などを楽しむ。蛇(アカマタ)の子を身ごもった娘が、3月3日に海の砂を踏んで下ろして事なきを得た「アカマタ聟入」という昔話が由来となっている。
俳諧歳時記栞草(1851年)では、「潮干(しほひ)」として春之部三月に分類し、三月三日の住吉の祭について触れてある。

【汐干狩の俳句】

のぼり帆の淡路はなれぬ汐干かな  向井去来

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|茶摘(ちゃつみ)

晩春の季語 茶摘

茶摘女(ちゃつみめ)茶摘歌(ちゃつみうた)・茶山(ちゃやま)・一番茶(いちばんちゃ)・茶摘時(ちゃつみどき)

茶摘茶は4月上旬から新芽を出す。その年の最初の新芽を摘み取ったものが一番茶と呼ばれ、それ以降、摘み取った順番に応じて二番茶、三番茶となる。
一番茶は4月下旬から5月上旬、二番茶は一番茶収穫後50日くらい経過したものである。立春を起算日として88日目となる「八十八夜」は「新茶の日」となっているが、この日に摘まれた茶は縁起物となる。
因みに、俳句では「一番茶」「茶山」は茶摘みを指すことが多い。「新茶」とすれば、その年最初に摘み取った茶そのものを指し、市場に流通し始める夏の季語となる。

「夏も近づく」の歌い出しで知られる「茶摘み」は文部省唱歌となっており、明治時代から歌われている。

【茶摘の俳句】

摘みけんや茶を凩の秋とも知で  松尾芭蕉

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|独活(うど)

晩春の季語 独活

山独活(やまうど)芽独活(めうど)

独活ウコギ科タラノキ属の多年草。日本原産で、山野に自生するほか栽培もされている。若葉や茎は、山菜として食される。野生種のものを「山独活」と呼ぶこともある。
茎が中空であるところに、「うど」の語源があると言われている。「独活の大木」という諺は、樹木のように成長するものの、茎が中空で使い物にならないところからきている。
「独活」と呼べば、主に山菜となる若葉などを指し、春の季語となるが、夏には「独活の花」、秋には「独活の実」が季語となる。また、早く芽吹くものは「寒独活」として冬の季語にもなる。

【独活の俳句】

なき跡もなほ塩梅のめうどかな  水間沾徳

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|治聾酒(じろうしゅ)

仲春の季語 治聾酒

治聾酒春の社日(3月20日頃)、あるいは立春から5番目の戌の日(3月30日頃)に、土地の神に供える酒。また、この日に飲む酒をいう。春の社日には五穀豊穣を祈る。土をいじると土地の神の怒りにふれると言われている。この日に酒を飲むと、耳の遠いのがなおるという俗信がある。

【治聾酒の俳句】

治聾酒の淋しき齢となりにけり  小林康治

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|山葵(わさび)

晩春の季語 山葵

山葵圃(わさびばたけ)山葵田(わさびだ)

山葵アブラナ科ワサビ属ワサビは、日本原産の植物で水がきれいな渓流や湿地に生育する。強い刺激性のある根茎や葉が、薬味や調味料となる。
育てる場所によって、水栽培で育てられる水山葵(谷山葵・沢山葵)と、畑で育てられる畑山葵(陸山葵)がある。水山葵は根茎が肥大するが、畑山葵は肥大があまりないために、葉山葵として収穫される。水栽培では、年間の水温差が少ないほど収量が増えるため、水が流れやすい斜面での生産となる。
伊豆や安曇野は有名な産地となっており、静岡市葵区の佛谷山の野生種を、江戸時代の初めに近くの湧水源に植え変えたことが、山葵栽培の始まりだとされる。日本では古くから食されており、飛鳥時代の木簡にもその名が見られる。
収穫は年中可能であるが、6月から7月がピークとなる。俳諧歳時記栞草(1851年)では春之部に分類されている。「和漢三才図会」の引用で、「二月種を下して、三四月苗を生ず」とある。
銭葵の葉に似ていることから山葵(やまあおい)の名がつけられ、沢に生えていることから沢葵とも呼ばれた。この「さわあおい」が短縮され「さわひ」となり、転訛して「わさび」になったとの語源説がある。

【山葵の俳句】

水浅し影もとどめず山葵生ふ  松本たかし

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|頬白(ほおじろ)

晩春の季語 頬白

頬白スズメ目ホオジロ科ホオジロ属ホオジロ。東アジアに広く分布し、日本では北海道から屋久島まで見られ、北海道では夏鳥として、本州以南では留鳥として見られる。平地や丘陵地で観察され、小さな群れで行動する雑食性の鳥である。
4月から7月が繁殖期となり、晩春にオスはよく囀る。地鳴きは「チチッ チチッ」といったものであるが、その囀りは「一筆啓上仕候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」「源平つつじ白つつじ」などと聞きなす。
「ほおじろ」の名は、頬が白いところからきている。「鵐」とも書き、「しとど」ともいう。日本書紀天武天皇9年の3月10日に摂津国から白巫鳥が貢れているが、「巫鳥」に「芝苔苔(しとと)」の音が当てられており、アオジかホオジロが白化したものではないかと言われている。

【頬白の俳句】

頬白やひとこぼれして散りぢりに  川端茅舎

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に