俳人検索結果



飯田蛇笏 

極月や雪山星をいただきて 
くろがねの秋の風鈴鳴りにけり  (霊芝)
秋冷のまなじりにあるみだれ髪 
誰彼もあらず一天自尊の秋  (椿花集)
春めきてものの果なる空の色 
芋の露連山影を正しうす  (山廬集)
たましひのたとへば秋のほたるかな  (山廬集)
なきがらや秋風かよふ鼻の穴  (山廬集)
をりとりてはらりとおもきすすきかな  (山廬集)
古き世の火の色うごく野焼かな 
藍々と五月の穂高雲をいづ 
炎天を槍のごとくに涼気すぐ 
採る茄子の手籠にきゆァとなきにけり 
爽かに日のさしそむる山路かな 
滝津瀬に三日月の金さしにけり 
寒波きぬ信濃へつゞく山河澄み 
新年のゆめなき夜をかさねけり 
去年今年闇にかなづる深山川 
福鍋に耳かたむくる心かな 
初湯出しししむら湯気をはなちけり 
初機の山彦しるき奥嶺かな 
浪々のふるさとみちも初冬かな 
牧へとぶ木の葉にあらぬ小禽かな 
蝦夷富士は春しぐれする蝶の冷え 
深山の風にうつろふ既望かな 
滝おもて雲おし移る立夏かな 
麦秋の蝶吹かれ居る唐箕光 
夕虹に蜘蛛の曲げたる青すゝき 
夏嶽の月に霧とぶさるをがせ 
南風つよし子の病難に飯を嚙む 
たましひのしづかにうつる菊見かな 
白猫の見れども高き帰燕かな 
やまびこをつれてゆく屋根うろこ雲 
歓楽の灯を地にしきて冬星座 
春ぬくし旋風うつろふ桑畑 
雁ゆきてべつとりあをき春の嶺 
春燈やはなのごとくに嬰のなみだ 
芥火に沈丁焦げぬ暮の春 
しろたへの鞠のごとくに竈猫 
花祭みづやまの塔そびへけり 
夕影や脱衣をあるく女郎蜘蛛 
盂蘭盆の出わびて仰ぐ雲や星 
旅人や秋に後るゝ雲と水 
かなたなる海に日くらみ橇のみち 
人妻のこゝろやさしき薫衣香 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に