俳人検索結果



松本たかし 

日を追うて歩む月あり冬の空 
流れつつ色を変へけり石鹸玉 
仕る手に笛もなし古雛 
大空に唸れる虻を探しけり 
卒然と風湧き出でし柳かな 
水浅し影もとどめず山葵生ふ 
吹き渡る葛の嵐の山幾重 
南縁の焦げんばかりの菊日和 
稀といふ山日和なり濃竜胆 
八方に山のしかかる枯野かな 
夢に舞ふ能美しや冬籠 
花深く煤の沈める牡丹かな 
避けがたき寒さに坐りつづけをり 
いと古りし毛布なれども手離さず 
喰積にさびしき夫婦箸とりぬ 
虚子庵に不参申して寝正月 
静かなる自在の揺れや十三夜 
流れゆく椿は曲り失せにけり 
白虹の現れ消えぬ春の昼 
長閑さや山焼く煙山を這ひ 
女夫仲いつしか淡し古茶入るる 
葉を巻いてトマト病みをり梅雨の庭 
虹の中人歩きくる青田かな 
雨音のかむさりにけり虫の宿 
室の花日ねもすペンの音のそば 
頭上過ぐ嘴脚紅き都鳥 
天竜へ崩れ落ちつつ眠る山 
強東風に群れ飛ぶ荒鵜室戸岬 
下萌ゆと思ひそめたる一日かな 
立仕事坐仕事や浜遅日 
薄目あけ人嫌ひなり炬燵猫 
日は遠く衰へゐるや軒簾 
滝の中つと流れ落つ紅葉あり 
スキーヤー伸びつ縮みつ雪卍 
とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 
二三枚重ねてうすし桜貝 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に