俳句

俳人検索結果



西東三鬼 

電工や雲雀の空に身を縛し 
暗く暑く大群衆と花火待つ 
モナリザに仮死いつまでも金亀子 
まくなぎの阿鼻叫喚をふりかぶる 
水枕ガバリと寒い海がある  (旗)
麦熟れてあたたかき闇充満す 
百舌鳥に顔切られて今日が始まるか 
限りなく降る雪何をもたらすや 
赤き火事哄笑せしが今日黒し 
鏡餅暗きところに割れて坐す 
一波に消ゆる書初め砂浜に 
獅子頭背にがつくりと重荷なす 
初釜のたぎちはげしや美女の前 
落葉して木々りんりんと新しや 
月光のつらら折り持ち生き延びる 
首かしげおのれついばみ寒鴉 
洞窟に湛え忘却の水澄めり 
生創に蠅を集めて馬帰る 
若き蛇跨ぎかへりみ旅はじまる 
中年や遠くみのれる夜の桃 
春を病み松の根つ子も見飽きたり 
船欄に夜露べつとり逃ぐる旅 
太陽へ海女の太腕鮑さげ 
父のごとき夏雲立てり津山なり 
広島や卵食ふ時口ひらく 
鉄の手に紙箱痿える雨期永し 
夏暁の子供よ土に馬描き 
椎匂ふ強烈な闇誰かを抱く 
青柿の下で悲しき事をいふ 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に