俳句例句(季語から)



 

梅一輪一輪ほどのあたたかさ  服部嵐雪(遠のく)
白梅やひと日南をあこがれぬ  石川啄木
手折らるる人に薫るや梅の花  加賀千代女
百歳を越える酒蔵梅ひらく  手塚美佐
されば爰に談林の木あり梅の花  西山宗因
室咲の非儀は習ひそ窓の梅  青木鷺水
三味線も小歌ものらず梅の花  小西来山
梅寒く愛宕の星の匂ひかな  宝井其角
梅の花あかいは赤いはあかいはの  広瀬惟然
梅で呑む茶屋もあるべし死出の山  大高子葉
梅の花こたへて曰く梅の花  松木淡々
梅にすずめの枝の百なり  向井去来
梅白しきのふや鶴を盗まれし  松尾芭蕉
三日月は梅にをかしきひずみ哉  立羽不角
東海道残らず梅になりにけり  夏目成美
草の戸乃ふるき友也梅の花  栗田樗堂
徂徠其角並んで住めり梅の花  夏目漱石

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に