立春(りっしゅん)

初春の季語 立春

春立つ(はるたつ)春来る(はるくる)

季語二十四節気の第1。2月4日ころから2月20日ころの雨水の前日までであるが、一般的にはその初日をいう。冬至と春分の中間であり、季節の決まりごとは、この日が起点となる。立春とは言え、この頃が一年で最も寒さが厳しい。立春を境に、「寒中見舞い」は「余寒見舞い」に切り替わる。
立春は、必ずしも旧暦1月1日ではなく、立春が朔と重ならない場合は、年内に立春が2回存在するなどということもある。そのことを歌った在原元方の

年の内に春はきにけりひととせを こぞとやいはんことしとやいはん

は、古今和歌集巻第一の巻頭を飾る。

音なしに春こそ来たれ梅一つ  黒柳召波

インターネット歳時記

犬ふぐり(いぬふぐり)

初春の季語 犬ふぐり

いぬのふぐり・ひょうたんぐさ・おおいぬのふぐり

季語オオバコ科クワガタソウ属。3月から5月、淡いピンク色をした小花をつける。現在は、明治初年に入ってきたと見られる外来種のオオイヌノフグリが優勢で、イヌノフグリは絶滅危惧II類に指定されている。
イヌノフグリの名前は、果実の形状が雄犬の陰嚢に似ていることに由来するが、オオイヌノフグリの果実は形状を異にする。

犬ふぐりさみしき数をふやしけり  稲富義明

インターネット歳時記

梅(うめ)

初春の季語 

白梅(しらうめ・はくばい)紅梅(こうばい)梅が香(うめがか)・春告草(はるつげぐさ)・風待草(かぜまちぐさ)・匂草(においぐさ)・花の兄(はなのあに)・好文木(こうぶんぼく)

季語バラ科サクラ属の落葉高木。実は夏の季語になる。中国原産で、既に弥生時代の遺跡から梅の種子が見つかっているが、縄文時代の遺跡からは未検出。春一番に咲くことから、花の兄とも呼ばれる。拾遺和歌集の菅原道真公の歌は、梅をうたったものとして最も有名。

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな

木の花(このはな)との呼び名もあるが、古来、桜と梅のあいだで論争がある。コノハナサクヤビメを祀る神社に京都の梅宮大社があり、その関係性が注目されるが、埋立地上にある宮として「うめみや」の名があるとの説もあり、「コノハナ=梅」の裏付けとはならない。コノハナサクヤビメが皇孫を生んだこと(ウム)から「ウメ」に関連付ける説もあるが、これも一般的ではない。梅の語源は中国語の「梅(メイ)」の転訛にあるのではないかと言われている。
ただ、万葉集には既に「うめ」として登場し、桜の3倍、119首も歌われている。この中には、天平2年の正月に大伴旅人邸の新年会で歌われた32首が含まれており、梅を歌うことがこの時代の流行だったことも伺われる。

梅一輪一輪ほどのあたたかさ  服部嵐雪
梅が香にのっと日の出る山路かな  松尾芭蕉

インターネット歳時記