片栗の花(かたくりのはな)

初春の季語 片栗の花

季語片栗の花ユリ科カタクリ属に属する50年ほど生きる多年草で、万葉集に大伴家持が歌った

もののふの八十娘子らが汲み乱ふ 寺井の上の堅香子の花

の「堅香子(かたかご)」は片栗のことだと言われている。この「かたかご」が「かたかごゆり」となり、「かたくり」に転訛したと考えられている。
旧正月の頃に花をつけるため、初百合とも呼ばれる。ただし、山地では6月頃まで花は残っている。花は普通は紫であるが、シロバナカタクリと呼ばれる白色のものもある。ニリンソウなどとともに群生をつくり、「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼ばれている。

カタクリは、春先から初夏の2か月ほどしか地上に現れず、一年の大半を土中の鱗茎として休眠する。そのため、花を咲かせるための栄養を蓄積するまでに時間がかかり、種子の発芽から花を咲かせるまでに10年近くの歳月を要する。
良く知られている片栗粉は、もともとはこの片栗の鱗茎を日干して抽出したもので、滋養など様々な薬効が知られていた。しかし採れる量が少ないため、現在ではそのほとんどがジャガイモなどから精製されており、薬効も認められない。

日をかけて咲く片栗の蔭の花  馬場移公子

冴返る(さえかえる)

初春の季語 冴返る

季語春先、暖かくなり始めた頃に急に寒さが戻ることがある。「寒の戻り」と言ったり「凍返る」と言ったりもする。関連季語に「余寒」がある。
和歌に由来する季語であり、藤原為家が

さえかへり山風あるる常盤木に 降りもたまらぬ春の沫雪

と歌っている。また謡曲八島に、「思いぞ出づる昔の春 月も今宵に冴えかえり」と、義経の幽霊が現れる。

三日月はそるぞ寒はさえかへる  小林一茶
人に死し鶴に生れて冴え返る  夏目漱石

インターネット歳時記

引鴨(ひきがも)

初春の季語 引鴨

鴨帰る(かもかえる)行く鴨(ゆくかも)

季語冬鳥として渡ってきたマガモなどの鴨が、春になってロシア東部から極東にかけての北方へ帰っていく様を引鴨という。地域によって違いはあるが、3月頃が渡りのピークである。
ただし、マガモなどの渡りをする種類の鴨であっても、居残るものがあり、春に見られるものを「春の鴨」「残る鴨」、夏に見られるものを「通し鴨」という。

▶ 関連季語 鴨(冬)

行く鴨にまことさびしき昼の雨  加藤楸邨
のこれるは荒波にをり鴨かへる  水原秋桜子

インターネット歳時記

下萌(したもえ)

初春の季語 下萌

草萌(くさもえ)草青む(くさあおむ)

季語 下萌早春、まだ枯草の残る土壌から、草の芽が伸びてくること。
新古今和歌集に、源国信の和歌で

春日野の下萌わたる草の上に つれなく見ゆる春の淡雪

がある。また「萌」は、万葉集の志貴皇子の和歌の中にも既に登場している。

石ばしる垂水の上の早蕨の 萌え出づる春になりにけるかも

近年では「萌」の文字に、疑似恋愛感情を読み取ることがある。本来は、下から上に向かう勢いを表現する、「燃える」に通じる言葉である。

まん丸に草青みけり堂の前  小林一茶
下萌に明さあるごと昼の月  原石鼎

インターネット歳時記

余寒(よかん)

初春の季語 余寒

残る寒さ(のこるさむさ)

季語 俳句立春後になお残る寒さ。残寒とも。関連季語に「冴返る」がある。
喪中などの理由で、年賀状を出せなかった場合、「寒中見舞い」や「余寒見舞い」で対応する。「余寒見舞い」を出す期間は、立春後、2月末まで。
古今和歌集・摂政太政大臣(藤原良経)の和歌に「家百首歌合に余寒の心を」として、

空はなほ霞みもやらず風さえて 雪げに曇る春の夜の月

がある。「なほ~さえて」で余寒を表す。

残り少なに余寒もものゝなつかしき  正岡子規
水に落し椿の氷る余寒かな  高井几董

インターネット歳時記

薄氷(うすらひ・うすらい・うすごおり・はくひょう)

初春の季語 薄氷

春の氷(はるのこおり)春氷(はるごおり)

季語 薄氷早春の朝に薄く張った氷や、早春まで融け残った薄い氷。古くは、氷ができることを「こほる」、その氷自体を「ひ」と呼んだ。万葉集には大原櫻井真人の和歌で

佐保川に凍りわたれる薄ら氷の 薄き心を我が思はなくに

がある。
俳諧歳時記栞草で「薄氷(うすらひ)」は「兼三冬物」に分類され、「詩云、戦々兢々如履薄氷」とある。

僅差で勝つことを「薄氷の勝利」、危険な状況に臨むことを「薄氷を踏む」という。また、有名な和菓子に、富山の「薄氷」がある。

うすらひやわづかに咲ける芹の花  宝井其角
空を出て死にたる鳥や薄氷  永田耕衣

インターネット歳時記

猫柳(ねこやなぎ)

初春の季語 猫柳

季語 猫柳ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。早春に、葉が出る前に花穂が出る。
穂が猫の尻尾に似ているところから、「猫柳」の名がついた。小犬の尾にたとえて、「狗尾柳(えのころやなぎ)」とも言う。また、水辺を好むことから「川柳」の名もある。
万葉集では川楊(かわやぎ)と呼ばれ、3首に詠まれる。詠み人知らずの和歌に

山の際に雪は降りつつしかすがに この川楊は萌えにけるかも

がある。

猫柳高嶺は雪をあらたにす  山口誓子

インターネット歳時記

立春(りっしゅん)

初春の季語 立春

春立つ(はるたつ)春来る(はるくる)

季語二十四節気の第1。2月4日ころから2月20日ころの雨水の前日までであるが、一般的にはその初日をいう。冬至と春分の中間であり、季節の決まりごとは、この日が起点となる。立春とは言え、この頃が一年で最も寒さが厳しい。立春を境に、「寒中見舞い」は「余寒見舞い」に切り替わる。
立春は、必ずしも旧暦1月1日ではなく、立春が朔と重ならない場合は、年内に立春が2回存在するなどということもある。そのことを歌った在原元方の

年の内に春はきにけりひととせを こぞとやいはんことしとやいはん

は、古今和歌集巻第一の巻頭を飾る。

音なしに春こそ来たれ梅一つ  黒柳召波

インターネット歳時記

犬ふぐり(いぬふぐり)

初春の季語 犬ふぐり

いぬのふぐり・ひょうたんぐさ・おおいぬのふぐり

季語オオバコ科クワガタソウ属。3月から5月、淡いピンク色をした小花をつける。現在は、明治初年に入ってきたと見られる外来種のオオイヌノフグリが優勢で、イヌノフグリは絶滅危惧II類に指定されている。
イヌノフグリの名前は、果実の形状が雄犬の陰嚢に似ていることに由来するが、オオイヌノフグリの果実は形状を異にする。

犬ふぐりさみしき数をふやしけり  稲富義明

インターネット歳時記

梅(うめ)

初春の季語 

白梅(しらうめ・はくばい)紅梅(こうばい)梅が香(うめがか)・春告草(はるつげぐさ)・風待草(かぜまちぐさ)・匂草(においぐさ)・花の兄(はなのあに)・好文木(こうぶんぼく)

季語バラ科サクラ属の落葉高木。実は夏の季語になる。中国原産で、既に弥生時代の遺跡から梅の種子が見つかっているが、縄文時代の遺跡からは未検出。春一番に咲くことから、花の兄とも呼ばれる。拾遺和歌集の菅原道真公の歌は、梅をうたったものとして最も有名。

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな

木の花(このはな)との呼び名もあるが、古来、桜と梅のあいだで論争がある。コノハナサクヤビメを祀る神社に京都の梅宮大社があり、その関係性が注目されるが、埋立地上にある宮として「うめみや」の名があるとの説もあり、「コノハナ=梅」の裏付けとはならない。コノハナサクヤビメが皇孫を生んだこと(ウム)から「ウメ」に関連付ける説もあるが、これも一般的ではない。梅の語源は中国語の「梅(メイ)」の転訛にあるのではないかと言われている。
ただ、万葉集には既に「うめ」として登場し、桜の3倍、119首も歌われている。この中には、天平2年の正月に大伴旅人邸の新年会で歌われた32首が含まれており、梅を歌うことがこの時代の流行だったことも伺われる。

梅一輪一輪ほどのあたたかさ  服部嵐雪
梅が香にのっと日の出る山路かな  松尾芭蕉

インターネット歳時記