季語|氷(こおり)

三冬の季語 

結氷(けっぴょう)厚氷(あつごおり)

氷の俳句と季語気温が氷点下(通常気圧で摂氏0度)まで下がると、氷ができる。一年で最も気温が下がるのはの頃であり、その頃に目にすることが多いため、「氷」は晩冬の季語となる。なお、「初氷」も季語となり、こちらは初冬の季語となる。また、「薄氷」は初春の季語である。
「夏氷」の季語もあるが、こちらは涼をとるために食す氷のこと。単に「氷」と言った場合は、大地が生み出す冬の自然現象に因るものである。
「氷」の読みには「こほり」と「ひ」があるが、古くは、「こほり」は水面に生じたものを指し、「ひ」は塊りのものを主に指した。蝉の翅のように薄いものは「蝉氷(せみごおり)」、川底などに綿のようにできるものを「綿氷(わたごおり)」、氷面が鏡のようになったものを「氷面鏡(ひもかがみ)」と言ったりする。

俳諧歳時記栞草(1851年)には、寒さで氷が音を立てる「氷の声」、氷が水を覆う様をいう「氷の衣」、固く凍り付いた様をいう「氷のくさび」、池に花のようにできた「氷の花」が載る。
万葉集には大原櫻井真人の

佐保川に凍りわたれる薄ら氷の 薄き心を我が思はなくに

や、詠み人知らずの

春立てば消ゆる氷の残りなく 君が心は我に解けなむ

などがある。
「氷」が使われた慣用句には、「氷山の一角」などがある。

よく知られた諏訪湖の「御神渡り」は、湖面が氷結して膨張した折に、大音響とともに氷の亀裂が走る現象で、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへ通った跡だと言われている。
上の画像は「新形三十六怪撰 やとるへき水も氷にとぢられて今宵の月は空にこそあり 宗祇」(月岡芳年:国立国会図書館オンライン)。氷っているために、本来あるべき水月がなく、月の実体を疑う歌である。

【氷の俳句】

蝶墜ちて大音響の結氷期  富澤赤黄男
悪女たらむ氷ことごとく割り歩む  山田みづえ

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|雪達磨(ゆきだるま)

晩冬の季語 雪達磨

雪仏(ゆきぼとけ)

江戸名所道戯尽の雪達磨と季語雪を2つ丸めて、それぞれ頭と胴としたものを、重ねてダルマ型とする。木の枝などを使って目鼻もつける。海外にも同様のものがあり、日本語訳では「雪人」「雪男」「雪人形」などとされるが、日本のものと違って3段になっているものが普通である。

歌川広景の「江戸名所道戯尽」に雪達磨が描かれていることから、日本では、遅くとも江戸時代の終わりころには作られるようになっていた。俳諧歳時記栞草(1851年)にも、「兼三冬物」に分類されて「雪仏、雪布袋、雪達磨」が載る。それによると、新拾遺和歌集(1365年)の詞書の引用で「雪にて丈六のほとけをつくり奉りて、供養すとてよめる、云々」とある。該当するのは、釈教歌の部の瞻西上人の「いにしへの鶴の林のみゆきかと 思ひとくにそあはれなりける」の和歌の詞書である。これによると、中世の日本では、信仰の為に雪仏が作られていたと読める。ただ、俳諧歳時記栞草には「雪布袋、雪達磨、みな雪中の戯に作る也」ともあり、江戸時代後期には現代のように遊びの一環として作られていたことが分かる。

石川県白山市には、「雪だるま祭り」というものがある。
慣用句に「雪だるま式」があるが、これは、雪を転がしていくとどんどん大きくなっていくように、ものごとを進めていくにあたり、程度が激しくなっていく様をいう。

【雪達磨の俳句】

とるとしもあなた任せぞ雪仏  小林一茶
家々の灯るあはれや雪達磨  渡辺水巴

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|白鳥(はくちょう)

晩冬の季語 白鳥

大白鳥(おおはくちょう)

白鳥の俳句と季語白鳥は、カモ科に属する。日本で見られるオオハクチョウやコハクチョウは、シベリアやオホーツク海沿岸で繁殖し、日本などで越冬する。コハクチョウの方が、オオハクチョウよりも列島を南下する傾向がある。公園の池で飼われている白鳥は、ヨーロッパに分布するコブハクチョウが持ち込まれたものである。
飛来地は、北海道から島根県にまで広がり、青森県の「小湊のハクチョウおよびその渡来地」は国の特別天然記念物になっている。また、新潟県の瓢湖は、白鳥の飛来によりラムサール条約に登録されている。10月から3月頃まで、その姿を見る事ができる。

古くは鵠(たづ・くぐい)と呼ばれ、古事記の垂仁天皇「本牟智和気の御子」の項に出てくる。本牟智和気は、ものを言わない御子であったが、鵠を見て初めて言葉を発したという。
また、倭建の命は亡くなった後に八尋白智鳥(やひろしろちとり)になって飛び立ったといわれ、その舞い降りた河内の国に、「白鳥の御陵」がつくられた。日本書紀では、その倭建の命の御子であった仲哀天皇が、陵の池に放つ白鳥を全国に求めた。その時、「白鳥なりといふとも、焼かば黒鳥になるべし」と言って白鳥を掠め取った蘆髪蒲見別王を、誅殺している。
万葉集には「しらとり」として2首が載るが、いずれも現代でいう白鳥を指したものではないようだ。

白鳥の飛羽山松の待ちつつぞ 我が恋ひわたるこの月ごろを  笠女郎
白鳥の鷺坂山の松蔭に 宿りて行かな夜も更けゆくを  柿本人麻呂

バレエにおいては、「白鳥の湖」がよく知られている。悪魔に白鳥にされてしまったオデットと、彼女に恋した王子の悲恋の物語である。
童話では、アンデルセンの「みにくいアヒルの子」がよく知られている。
因みに、不倫の恋を成就させようとゼウスが姿を変えたという「はくちょう座」は、夏の星座である。

【白鳥の俳句】

白鳥の音なく降りし水輪かな  上村占魚

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|春隣(はるとなり・はるどなり)

晩冬の季語 春隣

春近し(はるちかし)

季語と俳句春隣晩冬には、春の気配を感じて嬉しくなることがある。古今和歌集に、清原深養父の歌で、

冬ながら春の隣の近ければ 中垣よりぞ花はちりける

がある。

【春隣の俳句】

叱られて目をつぶる猫春隣  久保田万太郎
白き巨船きたれり春も遠からず  大野林火

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|冬椿(ふゆつばき)

晩冬の季語 冬椿

寒椿(かんつばき)

季語(生写四十八鷹百舌鳥枯かしは冬椿)早咲きの椿を冬椿という。また、サザンカとツバキの交雑種にカンツバキという品種がある。このカンツバキは、11月から2月頃に花をつける。
宮尾登美子の小説に「寒椿」があり、1992年に、高知を舞台に映画化された。

▶ 関連季語 椿(春)

【冬椿の俳句】

冬椿花はのこらぬこゝちかな  服部土芳
ふるさとの町に坂無し冬椿  鈴木真砂女

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|雪女(ゆきおんな)

晩冬の季語 雪女

雪女郎(ゆきじょろう)

雪女の俳句と季語(東錦絵)雪の妖怪で、「ユキムスメ」「ユキオンバ」「ユキオナゴ」などと呼ばれることも。「宗祇諸国物語」(西村市郎右衛門:1685年)には、宗祇の越後滞在時に雪女に遭遇したとの記述がある。その時の雪女は、背丈1丈(約3メートル)、二十歳たらずの色白の美女だったとのこと。春先に雪女はおかしいだろうと宗祇が言うと、花や木の葉が散り時に美しいのと同じようなものだとの返答を得た。

雪女の伝説は、日本各地に残り、いずれも哀調を帯びる。代表的なものには、氷柱が雪女になったというのがあり、嫁にした男が風呂に入れると消えてしまったという伝説がある。
また、雪女は人間の精気を奪うとも言われ、雪女の呼びかけに対して返事をしないと、谷底へ突き落されるとも、凍死させられるともいう。吹雪の晩に子供(雪ん子)を抱いて立つ雪女に子守を頼まれると、その子はどんどん重くなり、終いに雪に埋もれて凍死する。

小泉八雲の怪談「雪女」は、西多摩郡調布村の伝承をもとにしたもの。雪の晩に雪女に殺されなかった樵が、知らずに雪女と結婚し、その正体を知ってしまう物語である。

【雪女の俳句】

雪女この世の人は嘘を言う  蝦名石蔵
雪女こちふりむいてゐたともいふ  長谷川素逝



【中古】耳なし芳一/雪女 八雲怪談傑作集 新装版/講談社/ラフカディオ・ハ-ン(小泉八
594円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【送料無料】
【VALUE BOOKS】

【中古】 耳なし芳一/雪女 八雲怪談傑作集 / 小泉 八雲, 小林 敏也, 保永 貞夫 / 講談社 [
328円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】
【もったいない本舗 楽天市場店】

【中古】 耳なし芳一/雪女 八雲怪談傑作集 / 小泉 八雲, 小林 敏也, 保永 貞夫 / 講談社 [
328円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】
【もったいない本舗 お急ぎ便店】

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/DVD 名作ってこんなに面白い[本/雑誌] 3 耳なし芳一・雪
6160円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【送料無料選択可】
【ネオウィング 楽天市場店】

『中古』耳なし芳一・雪女—八雲怪談傑作集 (講談社 青い鳥文庫)
5388円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
「初版発行日」1992/06/15 「著者」小泉 八雲 (著) 「出版社」講談社
【KSC】

季語|寒木瓜(かんぼけ)

晩冬の季語 寒木瓜

寒木瓜の俳句と季語木瓜の花は春の季語になるが、11月頃から花を咲かせる品種もあり、寒木瓜と呼ぶ。品種には「かんちどり」「かんさらさ」「しののめ」「べにぼたん」などがある。

▶ 関連季語 木瓜の花(春)

【寒木瓜の俳句】

寒木瓜のほとりにつもる月日かな  加藤楸邨

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|節分(せつぶん)

晩冬の季語 節分

豆撒き(まめまき)鬼の豆(おにのまめ)柊挿す(ひいらぎさす)

節分の俳句と季語(能樂圖繪)雑節の一つで、各季節の始まりの日の前日のことであったが、江戸時代以降は立春の前日を指すことが普通になった。この日まで大寒であり、一年で一番寒い日の最後の日となる。
2月3日が節分に定められていると認識している者も多いが、常にそうなるとは限らない。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、この日、魔除けのために「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまき、年の数だけ豆を食べる。豆を用いるのは、「魔滅」に通じるからでもある。
文献からは、室町時代に豆撒きの風習があったことは確実であるが、宇多天皇の代(平安時代)に始まったとの説も「壒嚢鈔」に載る。それによると、鞍馬山の奥深くに棲む「藍婆(らんば)」と「揔主(そうず)」という二頭の鬼神の企みを毘沙門天のお告げで暴き、三斛三斗の大豆を鬼の目に投げつけて退散させたとある。
また、節分には柊の枝に鰯の頭を刺した柊鰯を戸口に立てる風習もあるが、これは、聞鼻(かぐはな)という名の鬼を払うための魔除けである。
近年では、恵方を向いて無言で食すると縁起が良いと言われる恵方巻が、節分の名物になっているが、2000年以降に急速に広まったもの。大阪が発祥とも言われているが、起源は明らかではない。

【節分の俳句】

半天は鳩に覆はれ節分会  鷹羽狩行

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|寒鴉(かんあ・かんがらす)

晩冬の季語 寒鴉

冬鴉(ふゆがらす)

寒鴉の俳句と季語寒さには強い鴉であるが、冬場には集団で森などにねぐらを作る習性があるために、群れで見かけることが多くなる。鴉が集団で帰る夕景が見られるのも、秋から冬にかけてである。

カラスは、スズメ目カラス科の総称であり、日本では小ぶりで鳴き声が濁るハシボソガラスと、大型で鳴き声が澄んで聞こえるハシブトガラスが多くみられる。雑食性で群れる様が嫌われ、害鳥と見なされるが、太陽や神の使いという神話が世界各地に残っている。日本でも、建国時に三本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が神武天皇を導いたという伝承がある。これをもとに「敵の邪気をからす」ことから、語源は「枯らす」にあるとの説もある。現在、その八咫烏は、サッカー日本代表のシンボルになっている。
カラスの羽色は黒との認識があるが、「烏の濡羽色」との表現があり、実際には青光りする黒である。偏光レンズでカラスを見ると、青く輝いて美しい。古くから親しまれてきた鳥だけあって、慣用句も多い。代表的なものに以下がある。

・烏の行水
・烏の足跡
・闇夜に烏
・烏合の衆

なお、カラスには「烏」と「鴉」の漢字が充てられるが、「烏」は象形文字で、黒くて目の判別がつかないために、「鳥」の漢字から、目を表す部分が抜けた文字となっている。「鴉」は形声文字で、「ガーガー」鳴く鳥を表している。このことから言えば、ガーガーと鳴く小型のハシボソガラスには「鴉」を使うべきかもしれない。
ちなみに中国では、「烏」を「ウ」と読む。無能な人材を能力を必要とする地位に据えることを「烏を鵜に使う」と言う。

【寒鴉の俳句】

二羽寄れば二羽のさびしさ寒鴉  谷野予志

インターネット歳時記



(レンズ自由選択)レイバン カスタム偏 光サングラス Ray-Ban NEW WAYFARER RB2132F / COMBEX Polawing
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
コンベックスレンズ使用
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901 52 / COMBEX Polawing SPX131(HMM) ナチュラルグ
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 902 52 / COMBEX Polawing SPX101 (HMM) フェザーグレ
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901 52 / COMBEX Polawing SPX135 (H)ラピスブルー
25531円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901L 55 / COMBEX Polawing SPX135 (HM)ラピスブルー
26631円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901L 55 / COMBEX Polawing SPX103 (H)シューターグ
25531円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban New WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901L 55 / COMBEX Polawing SPX101 (H)フェザーグレ
25531円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901L 55 / COMBEX Polawing SPX131(HMM) ナチュラルグ
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901L 55 / COMBEX Polawing SPX135 (H)ラピスブルー
25531円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban ANDY アンディー RB4202F 6069/71 57 3N ITA / COMBEX Polawing SPX102(H)6C フィールドグレ
24376円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban WAYFARER ウェイファーラ RB2140F 901 52 / COMBEX Polawing SPX135 (HM) ラピスブルー
27786円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban RB4262D 601/87 57 BK / COMBEX Polawing SPX103 (HMM) シューターグリーンGOLDミラー
27676円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901 52 / COMBEX Polawing SPX106 (HMM)アクティブオ
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

レイバン Ray-Ban NEW WAYFARER ウェイファーラ RB2132F 901 52 / COMBEX Polawing SPX101 (HMM)フェザーグレ
28831円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
カスタム制作サングラス
【コンキー 楽天市場店】

SALE「在庫一掃」偏光サングラス サングラス 偏光レンズ 自転車 UVカット 3色 3カラー メン
2236円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
アウトドア テニス ドライブ トレッキング は バイク マラソン ミラー ユニセックス ラッ
【ビショウ】

季語|ふくら雀(ふくらすずめ)

晩冬の季語 ふくら雀

寒雀(かんすずめ)冬雀(ふゆすずめ)・凍雀(いてすずめ)

ふくら雀の俳句と季語(玉洲習画帖)スズメ目スズメ科スズメ属のスズメは、ヒトの生活に隣接するように生息しており、「ちゅんちゅん」という鳴き声は、都会から農村まで聞くことが出来る。「舌切り雀」などの童話にも登場し、稲の害鳥として認識されるが、雑食性であり稲の害虫をも食す。
冬の雀は、餌を求めて地上に降りることが多くなる。群れを成して暖をとる姿は、夏場の雀よりも膨らんで見え、ふくら雀と呼ばれる。寒雀と言った場合は、かつて、美味で滋養に富むとして食されていた、食鳥としての雀を指していた。

スズメは、「雀の涙ほど」などのように、少ないことを表すために譬えられることもある。スズメの語源は、小さいものを表す「ササ」に、群れをなすことを指す「メ」を付け加えたところにあると考えられている。

【ふくら雀の俳句】

脇へ行くな鬼が見るぞよ寒雀  小林一茶

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に