冬木(ふゆき・ふゆぎ)

三冬の季語 冬木

季語常緑樹、落葉樹問わず冬の樹木。冬でも落葉しないときわ木のこともまた「冬木」という。万葉集には、巨勢宿奈麻呂の

我がやどの冬木の上に降る雪を 梅の花かとうち見つるかも

の歌がある。

大空に伸び傾ける冬木かな  高浜虚子



冬の雨(ふゆのあめ)

三冬の季語 冬の雨

冬雨(とうう・ふゆさめ)

季語同じ冬の雨でも、降ったりやんだりの時雨は初冬の季語となる。

▶ 関連季語 冬

さびしさは垂井の宿の冬の雨  永田舟泉
冬雨やうらなふことを好むさが  鈴木しづ子



凍港(とうこう)

三冬の季語 凍港

季語凍てついた港。

凍港や旧露の街はありとのみ  山口誓子



落葉(おちば)

三冬の季語 落葉

落葉籠(おちばかご)落葉焚(おちばたき)落葉掻(おちばかき)

季語散り落ちる木の葉のことを落葉というが、貴人の落としだねのことも「落葉(おちば)」という。

岨行けば音空を行く落葉かな  炭太祇



息白し(いきしろし)

三冬の季語 息白し

白息(しらいき)

季語吐く息が白く見えること。

さし寄せし暗き鏡に息白し  中村汀女



凍る(こおる)

三冬の季語 凍る

凍つ(いつ)凍つる(いつる)・氷る(こおる)

季語「こおる」が表面的であるのに対して、「しむ(凍む)」は奥まで深くこおってゆく語感をもつ。新古今集に載る藤原家隆の和歌

志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有り明けの月

は、後拾遺和歌集に載る快覚法師の

小夜ふくるままに汀や凍るらむ遠ざかりゆく志賀の浦波

の本歌取り。
語源に関して「こおる」は、「凝ふ(こふ)」と「和る(おる)」の合成により成立。「こほる」とすれば「毀る」ともなり、壊れることを表す。

流れたき形に水の凍りけり  高田正子



冬の空(ふゆのそら)

三冬の季語 冬の空

冬空(ふゆぞら)・寒天(かんてん)・寒空(さむぞら・かんぞら)・冬天(とうてん)

季語冬の空模様は、太平洋側と日本海側では大きく異なる。乾燥した日が続く太平洋側は晴天が多く、日本海側は雪になることが多い。

▶ 関連季語 冬

去年のまゝ塀と冬空声もなし  秋元不死男



冬(ふゆ)

三冬の季語 

冬の日(ふゆのひ)冬の夜(ふゆのよる)冬うらら(ふゆうらら)冬眠(とうみん)冬籠り(ふゆごもり)冬籠(ふゆごもり)冬ざれ(ふゆざれ)冬ざるる(ふゆざるる)底冷え(そこびえ)・冷たし(つめたし)寒し(さむし)寒さ(さむさ)

季語太陽暦では12月から2月まで、陰暦では10月から12月までを冬という。二十四節気では、立冬から立春の前日まで。語源は「冷ゆ(ひゆ)」にあるとする説が有力。
「芭蕉開眼の書」とも呼ばれる「冬の日」は、貞享元年(1684年)刊。「野ざらし紀行」の旅の折、名古屋で成る。

冬すでに路標にまがふ墓一基  中村草田男
水枕ガバリと寒い海がある  西東三鬼



寒桜(かんざくら)

三冬の季語 寒桜

冬桜(ふゆざくら)・緋寒桜(ひかんざくら)

季語ヤマザクラとマメザクラを交配したフユザクラは、11月から1月頃に花を咲かす。緋寒桜とも呼ばれるカンヒザクラは、これとは別種で、1月から3月頃に花を咲かせる。

▶ 関連季語 桜(春)

咲くといふはかなきことを冬桜  半田信子



冬夕焼(ふゆゆうやけ)

三冬の季語 冬夕焼

寒夕焼(かんゆうやけ)冬茜(ふゆあかね)・寒茜(かんあかね)

季語単に「夕焼」といった場合は夏。夕焼の翌日は晴れるという。

夕焼の言葉が成立したのは比較的新しく、江戸時代後半に「夕焼」を詠んだ句が散見される。季語となったのは明治以降である。なお、中世には「ほてり」と呼んでいたらしい。中国では夕焼に「霞」の字を当てる。「やけ」も夕焼けを指す言葉として使われているが、朝焼けにも使用されていることから、「やけ」とは「明け」あるいは「朱」の転訛かもしれない。

路地染めて何をもたらす寒夕焼  菖蒲あや