季語|焚火(たきび)

三冬の季語 焚火

夕焚火(ゆうたきび)

焚火の俳句と季語(平清盛炎焼病之図)戸外で暖をとるために、落葉などを集めて火を焚くことをいうが、その火を指すこともある。歴史は古く、40万年以上前から焚火は行われていたと考えられており、日本では長崎県佐世保市の洞窟内で、旧石器時代の焚火跡がみつかっている。
かつては、工事現場などの屋外で働く作業員にとって必須のものであり、焚火の中に芋や栗などを入れて焼き、食すことも普通に行われていた。近年は、地球温暖化対策や大気汚染対策などの絡みで焚き火に関する法律が整備され、安易に焚火をすることはできなくなった。
落葉を使った焚火は「落葉焚」ともいう。三冬の季語ではあるが、落葉が多く発生する晩秋に近い季語でもある。

焚火は宗教とのつながりも深く、世界のいたるところで火祭りが行われている。日本では芸能にも結び付き、薪能が生まれたが、「薪能」は春の季語となる。
古事記には、倭建(ヤマトタケル)東征の項に連歌の起源となる物語があるが、倭建の「新治 筑波を過ぎて 幾夜か宿つる」に「かがなべて 夜には九夜 日には十日を」と付けたのが御火焼の老人(みひたきのおきな)で、焚火との関係を伺わせる。
1941年に発表された童謡に「たきび」があり、「かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき」と歌われる。

焚火は古くから行われてきたにも関わらず、冬の風物詩として認識されたのは近年である。かつては、季節を問わず生活の中に組み込まれ、詩情が湧き起こるものではなかったのかもしれない。

【焚火の俳句】

隆々と一流木の焚火かな  高浜虚子
隆々と一流木の焚火かな  秋元不死男

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|スキー(すきー)

三冬の季語 スキー

スキーヤー(すきーやー)スキー帽(すきーぼう)

スキーの俳句と季語雪上を移動するために、靴に板をつけていたものが、現代ではスポーツになった。競技は、クロスカントリーやジャンプなどがあるノルディックスキーと、ノルディックスキーから分かれて滑降に特化したアルペンスキーがある。
スキーには、スキー板・スキーブーツ・スキーストック・スキーウェア・スキー帽・スキーグローブ・ゴーグルなどが必要である。

スキー自体は、世界各地の雪深い地方に、紀元前のかなり古い時代から存在したと考えられている。現代のスキーにつながる進化を遂げたのは、19世紀中頃のノルウェーのテレマルク地方であり、近代ノルディックスキーとして整備されていった。そのため、ノルウェー語で「薄い板」を指す「スキー」の名で呼ばれる。そして、1924年の第1回冬季オリンピックで、クロスカントリースキー・ノルディック複合・スキージャンプが採用された。
日本には、間宮林蔵の「北蝦夷図説」の中にスキーを履いた樺太アイヌの図があるが、「スキー」が伝来したのは1890年代である。本格的にスキーが普及しだすのは、1911年1月12日に、オーストリア陸軍少佐が軍人に技術を伝授したことに始まる。その1月12日は、全日本スキー連盟が「スキーの日」に制定している。

【スキーの俳句】

スキー穿きこの子可愛や家はどこ  富安風生

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|ラグビー(らぐびー)

三冬の季語 ラグビー

ラガー(らがー)

ラグビーの俳句と季語ジェントルマンのスポーツと賞される「ラグビー(Rugby)」は、英国発祥のスポーツで、「ラガー(Rugger)」もその競技を指す言葉である。ただし「ラガー」は、日本では「ラガーマン」とともに競技者を指す言葉でもある(因みにビールのラガーの綴りは Lager であり、下面発酵で醸造されるビールのスタイル)。
「ラグビー」を漢字にすると、「闘球(とうきゅう)」になる。

1823年に、名門私立学校であるラグビー校におけるフットボールの試合中、ボールを抱えて走り出したことがラグビーの起源だとされている。その後英国では、13人制のラグビーリーグと、15人制のラグビーユニオンに分かれ、日本では1874年にイギリスの船員によって横浜で開催されたのが最初である。その後、1899年に慶応大学に赴任したクラーク教授を中心に、日本ではラグビーユニオンが普及していくことになる。

ラグビーユニオンは世界的に人気を集め、現在ではワールドカップやオリンピック(7人制)もある。また、日本ではセミプロの「ジャパンラグビートップリーグ」があり、海外には「スーパーラグビー」などのプロリーグもある。
日本で開催され、大観衆を集めたラグビーワールドカップ2019は2019年の9月20日から11月2日に行われたように、冬に限定されるスポーツというわけではない。けれども「ラグビー」が冬の季語となるのは、早明戦などの学生ラグビーが開催されてきたところに因る。1933年に山口誓子の連作があり、「ラグビー」が冬の季語として定着したとされる。近年でも、高校ラグビーや大学ラグビー・日本選手権が、年末から年始のメディアを賑わせてきた。

【ラグビーの俳句】

ラグビーのジャケツちぎれて闘へる  山口誓子
ラガー等のそのかちうたのみじかけれ  横山白虹

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鰤(ぶり)

三冬の季語 

寒鰤(かんぶり)

鰤の俳句と季語スズキ目アジ科に分類される回遊性の大型肉食魚。関東では、モジャコ⇒ワカシ⇒イナダ⇒ワラサ⇒ブリ、関西では、モジャコ⇒ワカナ⇒ツバス⇒ハマチ⇒メジロ⇒ブリと名前を変える出世魚で、80cm、あるいは6㎏以上のものをブリという。最大では、全長150cm40kgのものが知られている。因みに、ツバス・ハマチは夏の季語である。
鰤の旬は、近海に回遊する産卵期前の冬。12月初旬に初鰤が出回り始め、2月頃まで鰤漁が続く。この頃に鳴る雷は鰤起しと呼び、豊漁を呼ぶと言われている。
島根県・鳥取県での漁獲量が多いが、現在では漁獲量の3倍に上る量の養殖が行われている。

「鰤」は、師走に脂が乗って旨くなる魚であることを示す和製漢字である。「ブリ」の発音は、脂が多い魚であるため、「アブラ」が転訛したものだと言われている。

【鰤の俳句】

いのちかけて待ちゐし鰤や鰤来る  上村占魚

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|鰤起し(ぶりおこし)

三冬の季語 鰤起し

鰤起しの俳句と季語鰤は冬を代表する魚であるが、北陸では、初鰤の季節である師走の雷を「鰤起し」と呼び、豊漁の前兆ととらえた。実際に、時化後には鰤が大漁になると言われるが、鰤起しはまた、雪を呼ぶ雷でもある。
現代では、地方を問わず、12月から1月頃に鳴る雷を概ね「鰤起し」という。

▶ 関連季語 鰤(冬)

【鰤起しの俳句】

流人墓地みな壊えてをり鰤起し  石原八束

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|風邪(かぜ)

三冬の季語 風邪

風邪籠(かぜごもり)感冒(かんぼう)風邪心地(かぜごこち)

風邪の俳句と季語呼吸器系の感染症による体調不良を言い、「風邪」という病名はない。原因となるウイルスの種類は、数百にのぼると言われており、細分化することが難しく、的確な治療方法も確立されてはいない。
主な症状は、くしゃみ・咳・咽頭痛・鼻水・頭痛であり、発熱を伴う。重症化しやすいインフルエンザやコロナは、風邪として扱わないことが普通である。
通常の風邪は軽症で終わることが多いが、「風邪は万病の元」と言われるように、快癒させる薬もないために素人療法が大きな病気を招くこともある。
古くから知られる民間療法は、主に、風邪に対抗する体力をつけるためのものであり、食物を用いるものが多い。主なものは、卵酒・生姜湯・葛湯などである。

【風邪の俳句】

戀猫の歸り来ぬ風邪の枕もと  久保より江

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|竈猫(かまどねこ)

三冬の季語 竈猫

炬燵猫(こたつねこ)かじけ猫(かじけねこ)へつつひ猫(へっついねこ)

竈猫の俳句と季語(日本風景選集)寒さに弱い猫は、冬場、暖かいところへ移動して丸まり、惰眠をむさぼっていることがよくある。竈があった昔は、火を落としたその竈の中に丸まり、灰だらけになったりしたものだ。それを「灰猫」とも呼んだ。「へっつい猫」ともいうが、「へっつい」は、落語の「へっつい幽霊」「へっつい盗人」で知られる「竈」のことである。
竈が少なくなった現代では、炬燵の中に入り込む姿がよく観察され、「炬燵猫」と呼ばれる。近年では、「炬燵猫」というテレビアニメも放映されている。
なお、「竈猫」は比較的新しい季語であり、富安風生の1934年の俳句「何もかも知つてをるなり竈猫」が高浜虚子に認められたことで、季語の地位を確立した。

俳句になった生物 ⇒ 

【竈猫の俳句】

何もかも知つてをるなり竈猫  富安風生
薄目あけ人嫌ひなり炬燵猫  松本たかし

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|火事(かじ)

三冬の季語 火事

火事の俳句と季語(東京町火消出火ヲ鎮図)乾燥する日が多い冬。暖を取るのに火を使うことも多く、冬は火事が発生しやすい。
「火事と喧嘩は江戸の華」と言われるが、俳諧歳時記栞草に「火事」の項目はない。「火事」が季語になったのは、「ホトトギス」が勃興した近代のことである。

因みに、江戸三大大火(明暦の大火・明和の大火・文化の大火)は、いずれも春に発生している。このうち明暦の大火は「振袖火事」とも呼ばれ、病に散った少女の振袖を供養した時に、火が燃え広がったと語られている。それから数十年後に発生した天和の大火は「お七火事」と呼ばれ、八百屋お七の恋に起因する放火が原因だと言われている。

【火事の俳句】

赤き火事哄笑せしが今日黒し  西東三鬼
寄生木や静かに移る火事の雲  水原秋桜子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|霜(しも)

三冬の季語 

朝霜(あさじも・あさしも)霜の花(しものはな)大霜(おおしも)強霜(つよしも)霜解(しもどけ)霜の声(しものこえ)

霜の俳句と季語物体の表面の温度が霜点より下がった時、空気中の昇華した水蒸気が、物体表面で結晶となったものを「霜」という。つまり、物体の表面に空気中の水蒸気が凍り付いたもので、地中の水分が凍った霜柱とは異なる。放射冷却現象の発生する晴れた寒い夜にできやすいが、昼間でも生じることがある。
平年の初霜の観測は、北海道では10月中、その他の地域は11月中が多いが、東京では12月20日となっている。二十四節気には霜の降り始める時期を指す「霜降」があり、10月23日頃となる。終霜は、北海道で5月、北日本で4月、その他の地域では3月、東京は2月20日となっている。

万葉集にも多く詠みこまれており、仁徳天皇の皇后・磐姫皇后は

ありつつも君をば待たむうち靡く 我が黒髪に霜の置くまでに

と歌っている。枕草子には、

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。

とある。

【霜の俳句】

両袖に泣子やかこふ閨のしも  久村暁台
南天をこぼさぬ霜の静かさよ  正岡子規

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|寒星(かんぼし・かんせい)

三冬の季語 寒星

冬星(ふゆぼし)冬の星(ふゆのほし)冬星座(ふゆせいざ)

季語と俳句寒星冬は、日没が早く空気も澄むことから、天体観測には最も適した季節だと言える。また、この時期はジェット気流が強くなるため、星の瞬きが美しい。
観察できる一等星も多くなる季節であり、オリオンやスバルなども肉眼で見ることができる。

冬の代表的な星座に、三ツ星が美しいオリオン座や、夜の空で一番明るい恒星シリウスを持つおおいぬ座、赤い一等星アルデバランを持つおうし座などがある。また、ベテルギウス・シリウス・プロキオンを結ぶ冬の大三角も観察できる。

【寒星の俳句】

寒星や神の算盤たゞひそか  中村草田男

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に