季語|流氷(りゅうひょう)

仲春の季語 流氷

氷流る

流氷の季語と俳句海に浮かび、漂流している氷のことで、日本では北海道のオホーツク海の流氷が有名で、北海道沿岸から確認できた最初の日を「流氷初日」という。平年では1月中旬から下旬となり、3月下旬から4月上旬となる「流氷終日」まで北海道沿岸から流氷が見られる。ちなみに、着岸した「定着氷」は流氷に含まれない。
このオホーツク海の流氷は、アムール川の河口付近で生じたものが、成長しながら北海道へ南下してくるもので、北半球における流氷の南限になっている。
流氷は、動物の生態にも大きく関わり、アザラシやキタキツネの移動やプランクトンの増殖を助けている。また、ぶつかり合う流氷は豪快で、北海道の貴重な観光資源になっている。

江戸時代には「氷流る」と詠んだ句もあるが、「流氷」とは別物で、山野の氷が川の流れなどで動き出すことをいった。「流氷」が季語として定着したのは、大正末期に山口誓子が樺太での生活を振り返って詠んだ「流氷や宗谷の門波荒れやまず」が注目されてからである。

【流氷の俳句】

流氷や宗谷の門波荒れやまず  山口誓子
白炎をひいて流氷帰りけり  石原八束

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|西行忌(さいぎょうき)

仲春の季語 西行忌

季語と俳句で西行忌陰暦2月15日。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての歌人として知られる西行の俗名は佐藤義清で、元は北面武士として鳥羽上皇に奉仕し、弓馬の達人だったとされる。保延6年(1140年)10月、友人の急死、あるいは失恋のために出家し、西行法師と号して各地を旅した。
「新古今集」には第1位となる94首が入撰している。家集に六家集のひとつに数え上げられる「山家集」などがある。有名な和歌に

ねかはくは花のしたにて春しなん そのきさらきのもちつきのころ

があり、この歌のまま釈迦入滅の2月15日に亡くなったと俳諧歳時記栞草(1803年)などに記されるが、実際には文治6年2月16日(1190年3月31日)没。
日本三大俳諧道場の一つとされる神奈川県中郡大磯町の「鴫立庵」は、西行が奥州下りの折

心なき身にもあはれはしられけり 鴫立つ澤の秋の夕ぐれ(新古今集)

と歌ったことにより、寛文4年(1664年)に崇雪が草庵を結び、元禄8年(1695年)に大淀三千風が第一世庵主となって繋いできたもの。

【西行忌の俳句】

今日ばかり花も時雨よ西行忌  井上井月

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|白酒(しろざけ)

仲春の季語 白酒

季語と俳句で花見酒季語となる「白酒」は、みりん・蒸米・米麹などでつくられる混成酒の一種で、雛祭に供される。俳諧歳時記栞草(1803年)には、春之部三月に分類し、「本朝食鑑」の引用で「酵は白酒の甘き也。和名、之良加須(しらかす)、云々。和俗、三月三日節物として、雛祭に供ず」とある。さらに「句作によりて、三春にわたるべき也」と追記がある。
古代中国では3月3日の上巳に、厄をはらうために、桃の花びらを浮かべた酒を飲むという行事があった。日本に伝わり、時代が下るにつれ、桃の花の赤い色との対比から「白酒」が供されるようになったとされる。「桃(もも)」と「百(もも)」を掛けて、百歳までも長生きできるようにとの願いを込めて飲まれるものである。
江戸では「豊島屋の白酒」が名物となっており、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と謳われ、2月の売り始めの日には大勢の客が押し寄せたという。豊島屋は、現在でも豊島屋本店として東京で酒類醸造販売業を営んでおり、清酒「金婚」の総発売元としても知られている。

中国では白酒と書いてパイチュウと読み、穀類を原料とする蒸留酒の総称となっている。
古代から日本には、神酒に黒酒や清酒などとともに白酒を捧げる風習がある。ここでは白酒を「しろき」と読む。
また、濁酒(どぶろく)を白酒と呼ぶこともある。因みに濁酒は秋の季語である。

【白酒の俳句】

白酒の紐の如くにつがれけり  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|虎杖(いたどり)

仲春の季語 虎杖

季語と俳句で虎杖1.5メートルほどの高さに育つタデ科の多年生植物。東アジア原産で日本全土に分布し、近年ではヨーロッパやアメリカで帰化したものが生態系を破壊し、問題になっている。
雌雄別株で、冬は地下茎や根で越冬し、春に地上から新芽が出てくる。春にはこの新芽を食したり、中空になっている茎の皮を剝いで食したりする。因みに花期は7月から10月頃で、白い小さな花をたくさんつける。

若葉に止血と痛み止めの効果があることから、「痛み取り」が転訛して「イタドリ」になったと考えられている。「虎杖」の漢字は杖に使われたことによるもので、茎の虎斑模様から「虎杖(こじょう)」とされたことに因る。
別称に「左伊多津万(さいたづま)」があり、この名は春の若草の代名詞でもあり、襲の色目にもなっている。「大和物語」(平安時代)に、虎杖を摘みに出た娘がその美しさに魅せられて「明日また来る」と袋を被せておいたところ、一夜の内に葉が広がって見る影もなくなり

きのふ見し沢の虎杖けふははや 葉びろになりぬ衣たべ君

と歌った。これがきっかけとなり、「裂いた爪(先)」の意で「さいたづま」と呼ぶようになったという。

日本では古くから馴染みのある植物で、日本書紀の反正天皇項にも出てくる。そこでは「多遅(たじ)」と呼ばれ、産湯に使った井戸に花が落ちたことから、天皇の幼名である「多遅比瑞歯別」に反映されたとある。
俳諧歳時記栞草(1851年)には春之部二月に分類されている。
茎を切り取り、両端に切り込みを入れて水に晒すと、外側に反る。中空になっている茎の中に棒を入れ、水の流れの中でくるくる回す玩具を、「虎杖水車」と呼ぶ。

【虎杖の俳句】

虎杖の手応へもなく折られけり  柚山美峯

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|四月馬鹿(しがつばか)

仲春の季語 四月馬鹿

万愚節(ばんぐせつ)エイプリルフール(えいぷりるふーる)

季語と俳句で四月馬鹿4月1日に嘘をついても良いという風習を「エイプリルフール」というが、日本では「四月馬鹿」といい、漢語的表現で「万愚節」とする。俳句で「エイプリルフール」を用いることは至難の業で、「四月馬鹿」や「万愚節」とすることが一般的である。

西洋発祥の習慣と見られ、日本には大正時代に伝わったことは分かっているが、その起源ははっきりしない。有名な起源説として、3月25日を新年として4月1日まで祭りを行っていたところ、1564年のフランスで1月1日を新年とする暦を採用したため、反発した民衆が4月1日を「嘘の新年」としたというものがある。

【四月馬鹿の俳句】

当てつけに死んでやらうか万愚節  鈴木真砂女

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|仲春(ちゅうしゅん)

仲春の季語 仲春

春なかば

仲春の季語と俳句陰暦二月。啓蟄から春分まで。七十二候では、蟄虫啓戸・桃始笑・菜虫化蝶・雀始巣・桜始開・雷乃発声。

【仲春の俳句】

仲春や庭の撩乱古机  松根東洋城

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|紫雲英(げんげ)

仲春の季語 紫雲英

蓮華草

季語と俳句の紫雲英中国原産の、マメ科ゲンゲ属に分類される越年草で、日本へは17世紀ころ渡来してきたと考えられている。4月ころに花をつける。
蓮に花が似ていることから、「れんげ」「れんげそう」とも呼ぶ。「紫雲英」は、一面に咲く花を、低くたなびく紫雲に見立てたところからきており、通常は「しうんえい」と読む。「げんげ」は「れんげ」の転訛。

紫雲英は、淡黄色のよい蜂蜜がとれることでも知られ、「はちみつの王様」とも呼ばれている。
化学肥料が自由に使えなかった頃は、8月から9月頃に種をまいて、翌春の田植え前にれんげ畑となったところを鋤き込んで、緑肥とした。戦後は、化学肥料の使用が自由になったことなどにより、れんげ畑は急速に減っている。

ギリシア神話には、紫雲英にまつわるドリュオペとイオレの姉妹の神話がある。祭壇の花にするため、ドリュオペが摘んだ紫雲英は、ニンフが変身したものだったというもの。イオレに、「女神が姿を変えたものだから、もう花は摘んではならない」と言いながら、ドリュオペは紫雲英に変わっていったという。
1966年(昭和41年)、運輸相に抜擢された政治家荒舩清十郎は、深谷駅問題などで辞任に追い込まれた。その時に、川島正次郎自民党副総裁が、「野におけレンゲ草だったよ」と荒舩清十郎を、表舞台に立つべきではない人物だったと評している。その言葉の元となったのは、滝野瓢水の「手に取るなやはり野に置け蓮華草」。遊女を身請しようとした友人を止めるために詠んだ句である。

【紫雲英の俳句】

げんげ田や故郷へつづく雲流れ  西村冬水

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|春休み(はるやすみ)

仲春の季語 春休み

季語と俳句で春休み日本では、4月を年度初めとするため、春休みは、別れとスタートの期間ともなる。卒業生は、3月31日までは、学んできた学校に籍がある。
小・中・高校では通常、3月25日から4月5日までが春休み。大学では、2月上旬から4月上旬までが春休み期間。

【春休みの俳句】

校庭のやつれてをりぬ春休み  安居久美子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|蛇穴を出づ(へびあなをいづ)

仲春の季語 蛇穴を出づ

蛇出づ(へびいず)

季語と俳句で蛇穴を出づ「蛇」は夏の季語であるが、「蛇穴を出づ」は春の季語になる。
地域によって違いも見られるが、アオダイショウやマムシ、シマヘビなどは、最高気温が15度になる3月頃に冬眠から覚める。啓蟄の頃である。

【蛇穴を出づの俳句】

けつかうな御世とや蛇も穴を出る  小林一茶
蛇いでてすぐに女人に会ひにけり  橋本多佳子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|春一番(はるいちばん)

仲春の季語 春一番

春疾風(はるはやて)

季語と俳句で春一番立春から春分の間に、その年に初めて、南寄りの暖かい強い風(秒速8メートル以上)が吹くことをいう。日本海で低気圧が発達することにより発生し、海難事故や雪崩を誘発する。翌日は寒の戻りとなることが多い。
春一番は、観測されない年もあり、春二番・春三番が確認される年もある。

「春一番」という言葉は、石川県能登地方などで昔から用いられていたものであり、「春一(はるいち)」と呼んだりもする。民俗学者の宮本常一が隠岐地方の調査を、俳句歳時記(1959年)に反映させたことで、一般的な言葉になったという。1963年2月15日の朝日新聞朝刊で取り上げられたことにより、2月15日は「春一番名付けの日」となっている。1976年には、キャンディーズが「春一番」を歌ってヒットさせている。

【春一番の俳句】

胸ぐらに母受けとむる春一番  岸田稚魚

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に