仲春(ちゅうしゅん)

仲春の季語 仲春

春なかば

仲春の季語陰暦二月。啓蟄から春分まで。七十二候では、蟄虫啓戸・桃始笑・菜虫化蝶・雀始巣・桜始開・雷乃発声。

仲春や庭の撩乱古机  松根東洋城

インターネット歳時記

紫雲英(げんげ)

仲春の季語 紫雲英

蓮華草

季語 紫雲英中国原産の、マメ科ゲンゲ属に分類される越年草で、日本へは17世紀ころ渡来してきたと考えられている。4月ころに花をつける。
蓮に花が似ていることから、「れんげ」「れんげそう」とも呼ぶ。「紫雲英」は、一面に咲く花を、低くたなびく紫雲に見立てたところからきており、通常は「しうんえい」と読む。「げんげ」は「れんげ」の転訛。

紫雲英は、淡黄色のよい蜂蜜がとれることでも知られ、「はちみつの王様」とも呼ばれている。
化学肥料が自由に使えなかった頃は、8月から9月頃に種をまいて、翌春の田植え前にれんげ畑となったところを鋤き込んで、緑肥とした。戦後は、化学肥料の使用が自由になったことなどにより、れんげ畑は急速に減っている。

ギリシア神話には、紫雲英にまつわるドリュオペとイオレの姉妹の神話がある。祭壇の花にするため、ドリュオペが摘んだ紫雲英は、ニンフが変身したものだったというもの。イオレに、「女神が姿を変えたものだから、もう花は摘んではならない」と言いながら、ドリュオペは紫雲英に変わっていったという。
1966年(昭和41年)、運輸相に抜擢された政治家荒舩清十郎は、深谷駅問題などで辞任に追い込まれた。その時に、川島正次郎自民党副総裁が、「野におけレンゲ草だったよ」と荒舩清十郎を、表舞台に立つべきではない人物だったと評している。その言葉の元となったのは、滝野瓢水の「手に取るなやはり野に置け蓮華草」。遊女を身請しようとした友人を止めるために詠んだ句である。

げんげ田や故郷へつづく雲流れ  西村冬水

インターネット歳時記

春休み(はるやすみ)

仲春の季語 春休み

季語 春休み日本では、4月を年度初めとするため、春休みは、別れとスタートの期間ともなる。卒業生は、3月31日までは、学んできた学校に籍がある。
小・中・高校では通常、3月25日から4月5日までが春休み。大学では、2月上旬から4月上旬までが春休み期間。

校庭のやつれてをりぬ春休み  安居久美子

インターネット歳時記

蛇穴を出づ(へびあなをいづ)

仲春の季語 蛇穴を出づ

蛇出づ(へびいず)

季語 蛇穴を出づ「蛇」は夏の季語であるが、「蛇穴を出づ」は春の季語になる。
地域によって違いも見られるが、アオダイショウやマムシ、シマヘビなどは、最高気温が15度になる3月頃に冬眠から覚める。啓蟄の頃である。

けつかうな御世とや蛇も穴を出る  小林一茶
蛇いでてすぐに女人に会ひにけり  橋本多佳子

インターネット歳時記

春一番(はるいちばん)

仲春の季語 春一番

春疾風(はるはやて)

季語 春一番立春から春分の間に、その年に初めて、南寄りの暖かい強い風(秒速8メートル以上)が吹くことをいう。日本海で低気圧が発達することにより発生し、海難事故や雪崩を誘発する。翌日は寒の戻りとなることが多い。
春一番は、観測されない年もあり、春二番・春三番が確認される年もある。

「春一番」という言葉は、石川県能登地方などで昔から用いられていたものであり、「春一(はるいち)」と呼んだりもする。民俗学者の宮本常一が隠岐地方の調査を、俳句歳時記(1959年)に反映させたことで、一般的な言葉になったという。1963年2月15日の朝日新聞朝刊で取り上げられたことにより、2月15日は「春一番名付けの日」となっている。1976年には、キャンディーズが「春一番」を歌ってヒットさせている。

胸ぐらに母受けとむる春一番  岸田稚魚

インターネット歳時記

猫の恋(ねこのこい)

仲春の季語 猫の恋

恋猫(こいねこ)

季語 恋猫猫の繁殖期は1月頃から始まり、8月頃まで続く。2月から4月はピークとなり、「猫の恋」「恋猫」「猫さかる」「戯れ猫」「浮かれ猫」などは春の季語となる。
猫の発情はメスに起り、期間はわずかに1週間程度。発情期のメスは、甘えた声で鳴きついたりする。オスは、メスの発情に誘発されるように攻撃的になり、大きな声で鳴いたりする。
俳諧歳時記栞草には、正月の項に「猫の妻恋」「猫さかる」があり、「雑談抄」の引用で「此者陰獣也。然ば陽気に犯されて、交合を好む。是を猫の恋と云。」とある。猫の発情は、昼間時の長さが影響するという。

▶ 関連季語 子猫(春)

うらやましおもひ切時猫の戀  越智越人
声たてぬ時が別れぞ猫の恋  加賀千代女

インターネット歳時記

蕨(わらび)

仲春の季語 

季語 蕨コバノイシカグマ科のシダ植物。春に若芽を食用にする。アク抜きをせずに食べると中毒を起こすため、必ずアク抜きして調理する。根から取れるデンプンは、ワラビ粉になる。
芽を出したばかりの頃の、こぶしのように巻いた形の早蕨を、「蕨手」といい、このような形状の意匠のことをも指す。刀の柄や神輿などに見られる。
万葉集に、志貴皇子の和歌で

石走る垂水の上のさわらびの 萌え出づる春になりにけるかも

がある。
「わらび」の語源には諸説あるが、藁から生じる火と見なした「藁火」が有力。

右ひだりしれぬ蕨の手先かな  杉木美津女

インターネット歳時記

啓蟄(けいちつ)

仲春の季語 啓蟄

季語 啓蟄「啓」には開くという意味があり、「蟄」は、虫が土の中に籠っている様子を指す漢字。二十四節気のひとつで、冬眠していた虫たちが、穴から出て来る頃とされる。3月6日ごろ。
啓蟄には、松に巻き付けた菰を取り外す「菰はずし」が行われる。因みに春の季語に「蛇穴を出づ」という季語もあるが、蛇が冬眠から覚めるのが、啓蟄の頃である。

中国でも元は「啓蟄」と表記していたが、前漢の皇帝の名に「啓」の文字が入っていたために、中国では「驚蟄」と書く。

啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる  山口青邨

インターネット歳時記

雪解(ゆきげ・ゆきどけ)

仲春の季語 雪解

雪とけて(ゆきとけて)

季語 雪解雪がとけること。また、雪が解けたその水のことも「雪解」という。一般には、雪が解けることは春であり、雪が消えるとすれば冬となる。よって、「ゆきげ」で「雪消」と書けば冬となる場合がある。ただし、古式にのっとれば、「解」も「消」も春となす。
万葉の昔から和歌に歌われ、詠み人知らずの歌に

君がため山田の沢に恵具摘むと 雪消の水に裳の裾濡れぬ

がある。恵具とは「芹」のことであり、ここでの雪消(ゆきげ)は、現代の季語分類に則れば春と読み解くことができる。

対立する二者の間に和解の空気が生じてくることもまた、「雪解」という。

雪解川名山けづる響かな  前田普羅
雪とけて村一ぱいの子どもかな  小林一茶

インターネット歳時記

黄水仙(きずいせん)

仲春の季語 黄水仙

季語ヒガンバナ科。南ヨーロッパ原産。江戸末期に渡来。
水仙は晩冬の季語であるのに対し、黄水仙は春の季語。

ギリシャ神話には、よく知られたナルキッソスの他に、黄水仙にまつわる物語もある。それによると、ベルセポネに恋をした冥界の主ハーデスがベルセポネを誘拐した時に、落ちた白いスイセンが黄水仙になったという。

▶ 関連季語 水仙(冬)

わがままのとほるさびしさ黄水仙  宮澤映子

インターネット歳時記