俳句

季語|福寿草(ふくじゅそう)

新春の季語 福寿草

福寿草キンポウゲ科フクジュソウ属フクジュソウは、北海道から九州に自生する多年草で、毒草である。花の中の温度を下げないために花弁を開閉するため、日が出ると開き、隠れると萎む。
2月から4月頃に開花し、旧暦では元日に咲いたことから元日草と呼ばれた。現在でも正月用に花屋で売られているが、これはハウス栽培されたもの。
「難を転じて福となす」と掛けて、南天の実と組み合わせて縁起物とする。

早春にめでたい黄金色の花を咲かせることから、元は「福告ぐ草」と呼ばれていたが、江戸時代の初めに、新年を祝う草として「福寿草」に変わっていったという。江戸時代には、器に植えて贈り合った。
万葉集に柿本人麻呂の和歌で

春さればまづ三枝の幸くあらば 後にも逢はむな恋ひそ我妹

があるが、この「三枝(さきくさ)」は福寿草の可能性があると言われている。

【福寿草の俳句】

花よりも名に近づくや福寿草  加賀千代女

▶ 新春の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|正月の凧(しょうがつのたこ)

新春の季語 正月の凧

武者絵凧(むしゃえだこ)武者凧(むしゃだこ)遠凧(とおだこ)

正月の凧の俳句と季語「凧」では三春の季語であるが、「正月の凧」で新春の季語となる。本来は測量や通信などの軍事目的で使用されたものであり、中国では紀元前4世紀には用いられていた。
日本では平安時代までには伝来し、次第に凧合戦が行われるようになってきた。凧合戦は全国いたる所で開催されていたが、時期は一定ではなく、主に新春から初夏にかけて開催されていた。江戸時代の俳諧歳時記栞草には、既に「春之部」に立項されている。

新春の凧は、俳句の世界では「正月の凧」として詠み込むことが多く、その他「初凧」「飾り凧」なども用いられる。
また「いかのぼり」は新春にも春にも挙げられる季語で、烏賊の形に似ていることから、本来の「凧」の呼び名であったと考えられている。江戸時代初めにいかのぼり禁止令が出たため、禁止を回避するために「たこ」と呼ばれるようになったと言われている。

正月の風物詩として凧が定着したのは、男子の健康成長を願うために用いられたからである。また、俳諧歳時記栞草には、小児の熱を冷ますために凧を揚げて空を見上げさせたともあり、新年に健康を祈る遊びとして定着していった。

【正月の凧の俳句】

かの童まだ遠凧につながれる  林翔

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|去年今年(こぞことし)

新春の季語 去年今年

去年今年の俳句と季語「行く年来る年」のようなニュアンスで用いられる。文字通り「去年と今年」という意味。
俳諧歳時記栞草(1851年)では、正月項に「去年、今年」があり、雑談抄の引用で「貞徳の説に、去年・今年、春也。今年とばかりは句によるべし。師説に、連歌には去年と云詞は春也。今年は雑」とある。つまり、「去年」単体でも新春の季語となる。その場合は、過ぎ去った年を回想するものとなる。

【去年今年の俳句】

去年今年貫く棒の如きもの  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|姫始(ひめはじめ)

新春の季語 姫始

姫始その年はじめての性交を、近世以降「姫始」と呼ぶ。「姫」は「秘め事」に通じる。
俳諧歳時記栞草(1851年)には、「ひめ始」として掲載され、糄(ひめ:粥のようなもの)を食べる意で説明されている。その他にも、「飛馬始」として馬の乗り初めの日、「姫糊始」として女性が洗濯を始める日として「ひめ始」が用いられることがある。「ひめ始」の元は、暦の「火水始(ひめはじめ)」にあると考えられており、火や水を使い始める日である。正月2日の行事である。

【姫始の俳句】

姫始め闇美しといひにけり  矢島渚男

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|伊勢海老(いせえび)

新春の季語 伊勢海老

伊勢海老の俳句と季語伊勢海老は、十脚目イセエビ科に分類される海老で、房総半島以南の浅い岩礁に生息する。大きいものは40センチにも達する。海外ではロブスターの一種とみなされることがあるが、ロブスターはザリガニの一種である。
古くから伊勢の名物であったため「伊勢海老」の名が定着しているが、鎌倉蝦とか具足海老などと呼ばれることもある。また、他の種類にも用いられる「エビ」の名は、伊勢海老の特徴的な鬚を「柄鬚」とみたところからきているという説がある。

夏の産卵期は禁漁となり、冬場に旬を迎える。特に新年には、正月飾りにかかせないものとして、需要が高まる。古くから「威勢」に掛け、その甲冑をまとったような姿に「勝利」を見て、縁起物とされてきた。

【伊勢海老の俳句】

伊勢海老のどことは言はず菫いろ  角川照子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|若水(わかみず)

新春の季語 若水

若井(わかい)

若水の俳句と季語古くは立春に天皇に奉じられた水のことをいったが、現在では元日の朝に初めて汲む水のことを指す。「若井」とは、若水を汲む井戸のこと。
若水には邪気を払う力があるとされ、神棚に供えた後に、飲んだり口を漱いだり食事に使用したりする。かつて多くの地方で、若水を汲むことは、年男の最初の仕事とされた。

万葉集にある「天橋も長くもがも高山も高くもがも 月夜見の持てる越水い取り来て 君に奉りてをち得てしかも」の「越水」は「変若水」とも書き「おちみず」と読む。これは、飲めば若返るといわれた霊薬で、ここにあるように月の神・ツクヨミが司ると言われた。このような信仰は世界中に存在しており、それが「若水」につながったと考えられる。
養老元年(717年)の詔に「醴泉は美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して霊亀三年を改め養老元年と成すべし」とあり、養老の滝の水を若水として改元したと伝わる。
西行法師家集に、

とけそむるはつ若水の氷にて 春たつことのまつくまれぬる

の和歌がある。

【若水の俳句】

若水や冬は薬にむすびしを  志太野坡

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|小正月(こしょうがつ)

新春の季語 小正月

女正月(おんなしょうがつ)

小正月の俳句と季語(五節句之内睦月)元日の大正月に対して、一月十五日を小正月という。または、十四日から十六日、あるいは十五日から二十日までを小正月と言うこともある。
日本の古代の暦は、満月となる十五日が起点であったと考えられており、現在でも農業関係の儀式が多く残り、「望粥の節供」「赤小豆粥の節供」とも言う。「女正月」と言うのは、松の内に忙しかった女性が、ようやく解放されて正月気分を味わえるところからきている。

「土佐日記」や「枕草子」に記されるように、小正月の朝には小豆粥を食べる習慣がある。赤い小豆には邪気を払う力があるとされているため、小豆粥を食べて、一年の無病息災を祈るのである。
かつては、小正月に元服の儀を行っていたことから、2000年に1月第2月曜日に変更されるまでは、1月15日に成人式が行われていた。その他、小正月に行われる行事として、「左義長」や「どんど焼き」、「粥占」などがある。

【小正月の俳句】

松とりて世ごころ樂し小正月  高井几董
衰ふや一椀おもき小正月  石田波郷

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|初漁(はつりょう)

新春の季語 初漁

漁始(りょうはじめ)

初漁の俳句と季語その年、最初に魚が取れて、一年が始まる。初漁でとれた魚は初魚といい、恵比寿様をはじめとする漁業の神に供えて、1年の無事と豊漁を祈る。そのことを「初漁祝い」と言い、供物は直会として船主や関係者が食す。

「初漁」という言葉は、年が明けて初めて魚を獲ることであるが、獲れた魚そのものを指すこともある。魚の種類ごとに「初漁」はあるが、季語としては新春になるので、季語における「初漁」の対象は、マグロ、ブリ、ニシン、イカ、カレイ、アナゴ、ズワイガニ、ワカサギあたりか。

【初漁の俳句】

初漁や海境の青一文字  木内彰志
満ちてくる潮に向かへり漁始  伊藤通明

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

季語|初湯(はつゆ)

新春の季語 初湯

初湯の俳句と季語新年になって初めて湯に入ること。正月二日に入る。産湯のこともまた初湯と言う。

「湯」の語源は「斎(ゆ)」にあると言われ、湯浴みとは、心身の穢れを濯ぎ「潔斎」の状態にすることである。
日本には、古くから湯浴みの習慣があったことが、記紀や風土記の記述から伺える。特に、「伊予国風土記」に見える伝説は、道後温泉の起源説として有名で、道後温泉が日本最古の温泉と言われる所以にもなっている。それによると、宿奈比古那(スクナヒコナ)を救うために、大穴持(オオナムチ・オオクニヌシ)が別府温泉から湯を引いてきて湯浴みさせたということになっており、古くから温泉の効用が認められていたということが分かる。

「湯水のごとく」という慣用句は、茶道具を清めるために大量の湯水を使う茶道から来た言葉だと言われるが、本来は「斎水」というのが正しいのではないだろうか。

【初湯の俳句】

初湯してうすぼんやりとおもふこと  高沢良一

【道後温泉 ふなや】

道後温泉に行くなら、ぜひ泊まりたいのがふなや。道後温泉で最も古い歴史を誇り、正岡子規はもとより、多くの文人に愛されてきた宿。特に夏目漱石には、「はじめての鮒屋泊りをしぐれけり」と詠むなど、馴染み深い宿。その句は、玄関前に句碑となっている。

季語|正月(しょうがつ)

新春の季語 正月

一月(いちがつ)

正月の俳句と季語本来は旧暦1月の別名。現在では、「三が日」または「松の内」という意味で使用することが多い。松の内は小正月の15日や20日までとすることもあるが、通常は7日まで。
室町時代の「塵添壒囊抄」に、秦の始皇帝が降誕した月を「政月」と言い、そこから「正月」になったとする説がある。

【正月の俳句】

正月や宵寝の町を風のこゑ  永井荷風

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に