正月(しょうがつ)

新春の季語 正月

一月(いちがつ)

季語本来は旧暦1月の別名。現在では、「三が日」または「松の内」という意味で使用することが多い。松の内は小正月の15日や20日までとすることもあるが、通常は7日まで。
室町時代の「塵添壒囊抄」に、秦の始皇帝が降誕した月を「政月」と言い、そこから「正月」になったとする説がある。

正月や宵寝の町を風のこゑ  永井荷風

インターネット歳時記

初昔(はつむかし)

新春の季語 初昔

季語新年になって去年を思うこと。同じ銘の「抹茶」がある。

高砂や去年を捨てつつ初昔  上島鬼貫



【ふるさと納税】(564)大正14年創業の老舗茶屋〜抹茶セット(瑞鳳・初昔)
10000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可

【福岡県行橋市】

【抹茶/Matcha】京都宇治【山政小山園】初昔150g(薄茶)
2991円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【左座園オリジナル】
【茶道具商 左座園】

抹茶 初昔(濃茶)
2160円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【宇治茶】気軽に飲めるお抹茶です
【京のおばんざい 祇園藤村屋】

【抹茶 濃茶】宇治抹茶 初昔/120g(大きい缶)【AR】
6156円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
ご注文を頂いてから抹茶をお詰します。【お濃茶で約50服/お薄で約75服程度】
【抹茶・宇治茶の石本川口軒】

T【抹茶 濃茶】初昔(はつむかし) 40g缶 上林春松本店【宅配便配送】 抹茶 粉末 宇治抹
6480円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
茶道 抹茶 粉末 無添加 無着色 お稽古 パウダー 石臼挽き
【茶道具・抹茶・備前焼のほんぢ園】

【抹茶 濃茶】宇治抹茶 初昔/30g(アルミパック)【メール便対応可能】
1539円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
ご注文を頂いてから抹茶をお詰します。【お濃茶で約12服/お薄で約20服程度】
【抹茶・宇治茶の石本川口軒】

【抹茶 濃茶】宇治抹茶 初昔/40g缶(小缶)【AR】
2052円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
ご注文を頂いてから抹茶をお詰します。【お濃茶で約16服/お薄で約25服程度】
【抹茶・宇治茶の石本川口軒】

お茶 日本茶 京都 宇治 抹茶 初昔 業務用 1kgアルミ袋
7128円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【抹茶・茶道具・業務用 芳香園 大きいサイズ】
【健康品ショップおいしいお茶の店】

抹茶 初昔1kg詰業務用抹茶(粉末 パウダー)送料無料 抹茶パウダー 宇治茶
7020円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
加工用お抹茶として又茶筅を使ってたててもお飲みいただけます。抹茶パフェに使われて
【宇治茶のかほる園】

お茶 日本茶 京都 宇治 抹茶 初昔5缶セット (100g缶x5缶)【送料無料】
6480円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【抹茶・茶道具 芳香園】
【健康品ショップおいしいお茶の店】

・名古屋 妙香園 抹茶 初昔 40g 【緑茶 日本茶 国産】
2057円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
お濃茶、お薄茶でも大変おいしく召し上がって頂けます。「初昔」は、八十八夜より数え
【KYOWA(共和)Gift&Shopping】

抹茶 初昔1kg詰業務用抹茶(粉末 パウダー)送料無料 抹茶パウダー 宇治茶
7020円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
加工用お抹茶として又茶筅を使ってたててもお飲みいただけます。抹茶パフェに使われて
【宇治茶のかほる園】

【抹茶 濃茶】宇治抹茶 初昔/20g(アルミパック)【メール便対応可能】★少量小分け★
1026円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
ご注文を頂いてから抹茶をお詰します。【お濃茶で約8服/お薄で約12服程度】
【抹茶・宇治茶の石本川口軒】

抹茶/初昔(40g缶)【京都】
1080円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可

【京はやしや 楽天市場店】

初昔 20g 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】
1031円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【名古屋 お茶の妙香園】<抹茶>
【妙香園】

初手水(はつちょうず)

新春の季語 初手水

季語元旦の朝に、初めて酌んだ若水で心身を洗い清める。手水を「ちょうず」と読むのは「てみず」の転訛。手水は、禊の簡略作法であり、本来は河川に入り身を清める。イザナギノミコトが黄泉の国から帰還した折、日向の橘の小門の阿波岐原で身禊をしたという神話に基づく。

初手水むすぶや指も梅の花  志太野坡

インターネット歳時記

元日(がんじつ)

新春の季語 元日

新年(しんねん)大旦(おおあした)元朝(がんちょう)・元旦(がんたん)

季語一月一日。元旦は、その日の日の出。年神様が、新年の幸福をもたらすために訪れる。年神様を迎え入れるために、様々な正月行事が執り行われる。
年神は歳神とも書き、来方神とも穀物神とも祖霊とも言われる。該当する神は古事記にも現われ、建速須佐之男命と神大市比売の子・大年神とされる。大年神は、主流の神ではないが神裔が記されている特殊な神で、その神裔から、海外と関係する神と見られている。穀物に関与する神でもある。

元日や晴れてすゞめのものがたり  服部嵐雪

インターネット歳時記

初松籟(はつしょうらい)

新春の季語 初松籟

初松風(はつまつかぜ)

季語松の梢に吹く風や、その音を松籟という。富安風生の昭和15年の第3句集に「松籟」がある。

有明山初松風をおろしけり  上田五千石

インターネット歳時記

乗初(のりぞめ)

新春の季語 乗初


初電車(はつでんしゃ)
・初飛行(はつひこう)

季語その年初めて乗り物に乗ることを言う。

乗るは、古くは宣ると同義であったか。宣るは、「告げる」の意味を持ち、言霊信仰をもとに呪いに関与する。乗るは、のりうつることを意味したと思われる。

乗初の運転席に常の如  稲畑汀子

インターネット歳時記