時鳥(ほととぎす)

三夏の季語 時鳥

季語カッコウ目カッコウ科に分類される。インドから中国南部で越冬したものが、5月頃に日本に飛来する。カッコウと同じように托卵する習性があり、ホトトギスはウグイスに托卵することがよく知られている。オスの鳴き声は、「特許許可局」「テッペンカケタカ」と聞きなされる。

本来は「杜鵑」と書くが、「時鳥」と書くのは農耕の時期に鳴きはじめるため。
「杜宇」「蜀魂」「不如帰」「子規」とも書く。蜀を再興した杜宇という人物は、禅譲し子規となった。その霊魂は鵑(ホトトギス)に化身し、農耕の季節の訪れを告げるために鳴くという。さらに、蜀が秦によって滅ぼされると嘆き悲しみ、「不如帰去」と鳴きながら血を吐いたという。

日本ではよく親しまれた鳥で、「ホトホト」と聞きなした鳴き声に、鳥の接尾語「ス」を加えたものが語源と言われている。正岡子規は、結核による吐血から「子規」と号し、その流れを汲む雑誌「ホトトギス」は、近代文学に大きな足跡を残した。
古くは万葉集にも詠まれ、詠み人知らずの

霍公鳥飛幡の浦にしく波の しくしく君を見むよしもがも

などで霍公鳥(ほととぎす)として出てくる。なお「霍公鳥」は、「飛ぶ」が連想される地名にかかる。ここでは「飛幡(戸畑)」である。
千載集に載る後徳大寺左大臣の

ほととぎす鳴きつる方を眺むれば ただ有明の月ぞ残れる

は、小倉百人一首第81番。

柳田国男の「遠野物語」には、郭公と時鳥の物語が出てくる。姉の郭公が、芋を焼いてまわりの堅いところ食い、中の軟かなところを妹の時鳥に与えたが、妹は姉の食べたところは一層美味かったはずだと思い、包丁で姉を刺した。すると姉はカッコウになり、「ガンコ、ガンコ(堅い、堅い)」と言って飛び去った。真実を知った妹は後悔し、「包丁かけた」と鳴いているという。

冥土を往来する鳥「無常鳥」とも呼び、負のイメージがつきまとう。「厠の中で聞くホトトギスは不吉」「床に臥して初音を聞くと病気になる」などと言われる。

谺して山ほととぎすほしいまゝ  杉田久女

インターネット歳時記

風鈴(ふうりん)

三夏の季語 風鈴

風鈴売(ふうりんうり)

季語黒鉄の南部風鈴や、ガラスの江戸風鈴が有名。舌に短冊をつけることで、風が吹くたび涼しい音色を響かせる。「鈴」は、もともと「涼しい」から来た言葉。涼しい音色を愛でる風鈴こそが、古来の「鈴」の本当のかたちを残しているのかもしれない。

風鈴の起源は、中国の占風鐸だと言われ、物事の吉凶を占う道具だったとされる。それが仏教とともに伝わり、寺の四方を守る風鐸として、風鈴の古のかたちを成したと言われる。しかし、発掘される銅鐸に舌を伴うものがあることから、風鈴の先祖は、風鐸と形状が似ている銅鐸と見なすこともできるだろう。
「鐸」は「さなき」である。「さ」は「清」に通じ、「なき」は「鳴」で、「清浄なる鳴動を発するもの」である。平安時代には、魔除けとして軒先に吊るすこともあったそうで、その名も、風鐸と風鈴が混同されていたと見られる。そして、「清浄なる鳴動を発するもの」は宗教を離れて、次第に「涼しい音色を奏でるもの」として、民衆の中に入り込んでいった。
なお、風鈴と言えば江戸時代の名物のように見られているが、江戸風鈴が全盛を迎えたのは明治の中盤。江戸風鈴の名が定着したのは昭和40年代になってからである。ガラスの風鈴が江戸に持ち込まれたのは、江戸時代の中頃。長崎のガラス職人の手によるものは、その値段の高さが障壁となって、幕末までは庶民の手に届かなかった。しかしまた、江戸時代にこんな狂歌も生まれている。

売り声もなくて買い手の数あるは 音にしられる風鈴の徳

7月中旬の行事「川崎大師風鈴市」は有名。今も、風鈴を厄払いに使用することがあり、鬼門に吊り下げると良いとされる。

風鈴の空は荒星ばかりかな  芝不器男
風連れて風鈴売が路地曲る  長谷川廷生

江戸風鈴最後の老舗・篠原風鈴本舗

300年の歴史を刻んだ江戸風鈴も、現代にまでその伝統を受け継ぐのは篠原風鈴本舗。江戸下町に工房を構え、時代の移り変わりとともに消えそうになる火を、必死に守り抜いている。その音色はしかし、濁りなく涼やか。



篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 すいか

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

内藤ルネ/篠原風鈴本舗 江戸風鈴 ルネネコ風鈴

2916円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
内藤ルネ/グッズ/限定商品/猫/黒猫/ねこ/ネコ/風鈴 「内藤ルネ」コラボ商品 ガラス風鈴の
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

内藤ルネ/パンダ/篠原風鈴本舗/江戸風鈴ルネパンダ風鈴

2916円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
内藤ルネ/パンダ/ルネパンダ/限定販売/グッズ 「内藤ルネ」コラボ商品 ガラス風鈴の老舗
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 彩 -IRODORI- りんどう

2484円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗と美大生とのコラボ商品 ガラス風鈴の老舗『篠原風鈴本舗』
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 ひまわり

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

『篠原風鈴本舗』 江戸風鈴 パンダ【あす楽対応】

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
節電対策!その風を夏の音色に変えて・・・職人が作る江戸風鈴【お中元】
【あさくさ江戸屋】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス 風鈴 あじさい紫

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 赤富士

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス 風鈴 花ブルー

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 彩 -IRODORI- はなだ

2484円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗と美大生とのコラボ商品 ガラス風鈴の老舗『篠原風鈴本舗』
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 風鈴用卓上鉄スタンド ニュータイプ

2700円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴スタンド/風鈴/室内/インテリア/
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 風鈴用卓上竹スタンド 《個数限定》手作り/卓上/おしゃれ/和雑貨

4860円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴スタンド/風鈴/室内/ガラス風鈴の老舗『篠原風鈴本舗』
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴新・切子風鈴 うさぎ《個数限定》/ガラス/切子/夏柄

5940円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 だるま

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 かっぱ

1836円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
風鈴 篠原風鈴本舗 江戸川区無形文化財保持者【篠原儀治】・涼を楽しむ夏の風物
【えどコレ!江戸川区名産品SHOP】

1 |2 |3 |4 |5 |6 |7 |8 |

斑猫(はんみょう)

三夏の季語 斑猫

道をしへ(みちおしえ)・みちしるべ

季語コウチュウ目オサムシ科の昆虫で、体長約20㎜。日本では本州以南の、平地から低山地に生息する。4月から10月頃に、美しい金属光沢のある成虫が見られる。

古くは「みちおしえ」と呼ばれていたと考えられるが、中国には「斑猫」という毒を持つ虫がおり、薬として輸入されてきた。それに形が似ていたために、「みちおしえ」のことを「斑猫」と呼ぶようになったと思われる。その名残で、「みちおしえ」こと「斑猫」には、毒があるとの迷信が広がったとも考えられる。「斑猫」に独特の臭いはあるが、毒はない。
「みちおしえ」と呼ばれるようになった所以は、近寄るとふわりと飛び立ち、数メートル先に降り立ちつつ振り返り、ついていくとそれをくり返し、道案内をしているように見えるからである。夏場には、土が露出した神社の参道などに見られ、神のもとへ誘っているようにも映る。

つんつんと遠ざかりけりみちをしえ  ほしのたつこ

インターネット歳時記

瀧(たき)

三夏の季語 

滝(たき)瀑布(ばくふ)

季語国土地理院の定義によると、瀧とは、「流水が急激に落下する場所で落差が5メートル以上、常時水が流れているもの」。形状によって分類がなされており、直瀑や分岐瀑、段瀑、海岸瀑などがある。日本三大名瀑として有名な瀧もあるが、那智滝・華厳滝の2瀑以外は、袋田の滝や白糸の滝が挙げられるなど、定まっていない。

瀧が夏の季語となったのは、近世になってからだと言われている。芭蕉に「しばらくは瀧に籠るや夏の初め」があり、瀧から涼を連想させることはあり、「夏」とゆるく結びついていた。曲亭馬琴の俳諧歳時記栞草では、瀧のそばに造る殿舎を「滝殿」として夏之部六月に分類している。実際に、梅雨や台風の影響で最も水量が多くなり、瀧の力が最大になるのは夏季であり、夏の季語となるのに不備はない。
因みに、水量が最小になる冬には「涸滝」の季語がある。

万葉集にも多くの「瀧」が詠まれているが、この頃には、急流を「瀧」と表現した形跡がある。大石蓑麻呂は、安芸国の長門島で

石走る瀧もとどろに鳴く蝉の 声をし聞けば都し思ほゆ

と歌っている。「たき」の語源も、急流を指す「たぎつせ」、つまり「滾る」であると言われている。
また、万葉集には瀧を垂水(たるみ)と呼んだ歌も掲載されており、こちらの方が、現在の「瀧」を指すのではないかと言われている。いずれも「石走る」の枕詞を伴う。
その内の一首、詠み人知らずのこの歌、

命をし幸くよけむと石走る 垂水の水をむすびて飲みつ

のように、瀧の水には霊力があると信じられており、瀧の水を飲んで若返ったという伝説も各地に残る。
「後漢書」党錮伝に、黄河上流にある竜門を登りきった鯉は竜になるという。「鯉の瀧登り」の語源である。

瀧落ちて群青世界とどろけり  水原秋桜子
酒のみに語らんかゝる瀧の花  松尾芭蕉

インターネット歳時記

夏の夜(なつのよ)

三夏の季語 夏の夜

短夜(みじかよ・たんや)みじか夜(みじかよ)

季語昼間が長くなるにつれて短くなる夏の夜のことを「短夜」とも呼ぶ。暮れは遅くなり、夜明けは早い。万葉集には詠み人知らずで、

霍公鳥来鳴く五月の短夜も ひとりし寝れば明かしかねつも

の相聞歌が載る。

▶ 関連季語 夏

夏の夜のあけ残りけり吾妻橋  正岡子規
短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎  竹下しづの女

インターネット歳時記

夏衣(なつごろも・なつぎぬ)

三夏の季語 夏衣

夏着(なつぎ)

季語木綿や麻を使った生地が多い夏衣。
夏衣を裁つ意から、「立つ」や「龍田」にかかる枕詞になる。また、「うすし」「ひとへ」「ひも(日も)」「裾野」「来て」にも掛かる。新古今和歌集に素性法師の歌として、

惜しめどもとまらぬ春もあるものを いはぬにきたる夏衣かな

がある。

着馴れても折り目正しや夏衣  小西来山

インターネット歳時記

日傘(ひがさ・ひからかさ)

三夏の季語 日傘

パラソル(ぱらそる)

季語さしかけるタイプの傘は、西暦552年に百済から初めて渡来した(日本書紀)。雨傘としての用途ではなく、他人がさしかけるタイプの日傘であり、権力の象徴として用いられたと考えられている。
現代では、日傘を用いる習慣があるのは、ほぼ日本に限られている。パラソル(=日傘)の言葉があるフランスでは、19世紀ころに流行はあったが、現在では廃れた。古代には、権力の象徴として、世界各地で使用されている。
日傘の効用は、紫外線を遮ることと、暑さを和らげること。ビーチパラソルも日傘の一種で、晩夏の季語となるが、こちらは大型で地面に突き刺して用いる。
傘と笠は、語源が同じで、風雨などを遮るものの意とされている。「かざす(髪挿す)」の転訛か。

降るものは松の古葉や日傘  三宅嘯山

インターネット歳時記

夏木立(なつこだち)

三夏の季語 夏木立

夏木(なつき)

季語暑い夏の日ざしを遮る役目も果たす。曲亭馬琴の「俳諧歳時記栞草」には、「新緑おひしげりたるさまを歌にもよむ也」とある。
江戸時代中期に雑俳様式の一つ「笠付(5文字の題に7・5を付けるもの)」を確立したとされる堀内雲鼓に、「夏木立」(1695年)という雑俳書がある。
与謝野晶子の「恋衣」(明治38年)に、

鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな

の歌が収められている。

木啄も庵はやぶらず夏木立  松尾芭蕉
日のめぐみうれしからずや夏木立  堀内雲鼓

インターネット歳時記

金魚(きんぎょ)

三夏の季語 金魚

和金(わきん)・出目金(でめきん)

季語フナの突然変異を利用して生まれた観賞魚。原産地は中国で、南北朝時代には既に飼育されていたとされる。日本には室町時代に伝来。延享5年(1748年)に安達喜之の「金魚養玩草」が出版されると人気を博し、金魚売りや金魚すくいなどの販売形態も成立。現在では、奈良県大和郡山市や愛知県弥富市、山形県庄内地方などが養殖地として有名。

いつ死ぬる金魚と知らず美しき  高浜虚子

インターネット歳時記

鮎(あゆ)

三夏の季語 

年魚(ねんぎょ)・香魚(こうぎょ)

季語キュウリウオ目に分類されるアユは、成魚は川で生活し、稚魚は海で生活する。秋に川を下って河口域に産卵し、孵化して5㎝程度に育ったアユは、春に川を遡上する。石についた藻類を食べることにより独特の香りを放ち、香魚とも呼ばれる。また、一年で一生を終えることから年魚とも呼ばれる。水産資源保護の観点から、11月から5月は禁漁になる。

古くから親しまれてきた魚で、古事記の神功皇后条には、卯月上旬に筑紫の末羅県の玉島の里の小河(佐賀県唐津市の玉島川)で、「年魚」釣りを行ったとある。日本書紀にはさらに、アユを「細鱗魚」と表し、その釣りにより新羅遠征を占ったとある。このことからアユに「鮎」の字が当てられたと見られるが、奈良時代までの「鮎」は、中国同様ナマズを指す漢字だったと言われている。万葉集にはアユが16首詠まれているが、中でも大伴旅人を中心とした「松浦河に遊ぶ」と題された歌群には、神功皇后以来の末羅県(松浦)における鮎釣りの行事が詠み込まれている。

松浦川川の瀬光り鮎釣ると 立たせる妹が裳の裾濡れぬ

なお、アユの語源は、神前に供える食物「饗(あえ)」にあるとする説が有力。

かくぞあれ鮎に砂かむ夜べの月  炭太祇

インターネット歳時記