俳人検索結果



水原秋桜子 

旅の夜の目覚めわびしき蚊火ひとつ 
籠かばふ鬼灯市の宵の雨 
月見草神の鳥居は草の中 
きつつきや落ち葉をいそぐ牧の木々 
来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり  (葛飾)
瀧落ちて群青世界とどろけり  (帰心)
畦の軍鶏春一番をうたひけり 
天平のをとめぞ立てる雛かな 
日輪や蝌蚪の水輪の只中に 
妙見岳雲はれ躑躅咲きのぼる 
降りつつむ雨の明るし更紗木瓜 
明大の勝てよ南風吹く旗の下 
誰も来て仰ぐポプラぞ夏の雲 
桑の葉の照るに堪へゆく帰省かな 
雨ごもり筍飯を夜は炊けよ 
端居して旅にさそはれゐたりけり 
月山の見ゆと芋煮てあそびけり 
重陽の山里にして不二立てり 
ふるさとや馬追鳴ける風の中 
宵寝して年越蕎麦に起さるる 
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 
顔見世や口上木偶の咳ばらひ 
峰の神旅立ちたまふ雲ならむ 
冬菊のまとふはおのがひかりのみ 
幕あひのさゞめきたのし松の内 
初凪に鷹も舞ひいで祝ぎまつる 
県より海老たてまつる初霞 
鏡開明日とはなりぬ演舞場 
獅子舞は入日の富士に手をかざす 
七十路は夢も淡しや宝舟 
初場所や古顔ならぶ砂かぶり 
橙や火入れを待てる窯の前 
色鳥の啄みをるは隠れなき 
多摩人の焚けば我もと落葉焚く 
網干場すたれてつもる落椿 
穂草立つ墳も刈田も雨の音 
吹き満ちて雨夜も薔薇のひかりあり 
みんみん蝉立秋吟じいでにけり 
霧にほひ岩の温泉白くにごりたり 
白樺に霧の宿への道しるべ 
羽子板や子はまぼろしのすみだ川 
鯛ひとつ投げて踊れる冬すゝき 
夕東風や海の船ゐる隅田川 
鶯や前山いよゝ雨の中 
春睡やむかし四睡といふありて 
能登島の横雲明くるわたり鳥 
野の虹と春田の虹と空に合ふ 
紫陽花や水辺の夕餉早きかな 
紫陽花や鱸用意の生簀得て 
飛魚の翔けて人よふ伊豆の船 
咲き満ちて櫻撓めり那智の滝 
青岸渡寺堂塔映えて藤咲けり 
のこれるは荒波にをり鴨かへる 
雲の中に立ち濡れつゝぞ春惜む 
枝蛙泣くせはしさに踏みまよふ 
日焼顔見合ひてうまし氷水 
滞船のまばゆき日覆つらねけり 
檝の音夕づきそめぬ青簾 
いまはただ眼白の鳴ける霧の木々 
鴨鳴けり霜燦爛の多摩郡 
寄生木や静かに移る火事の雲 
柚子ひとつ描きて疲る風邪のあと