八十八夜(はちじゅうはちや)

晩春の季語 八十八夜

季語1656年の伊勢暦に記され、1685年からはじまる貞享暦に正式に採用された、日本独自の雑節のひとつ。
立春を起算日として88日目。5月上旬に当たる。「夜」がつくのは、月齢から日を数えていた太陰暦の名残とされる。
現在では「八十八夜」は「新茶の日」とされるが、八十八夜は春の季語、新茶は夏の季語である。
「八十八夜の別れ霜」などと言われるように、遅霜が発生することもある。

「八」「十」「八」の組み合わせで「米」の漢字となることから、農事の吉日。「茶摘」で歌われるように、この日に摘まれた新茶は縁起物となる。

▶ 関連季語 新茶(夏)

出流れの晩茶も八十八夜かな  正岡子規



お茶 新茶 大人気!お茶の福袋 100g×3袋他 セットが選べて送料無料!鹿児島茶や熊本のお
1197円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
ギフト対応可 知覧茶やうれしの茶も人気 美味しい濃厚まろやかなお茶 お安く買えて美味
【お茶の山麓園】

父の日 遅れてごめん 母の日 新茶 内祝い お茶 ギフト 父の日送料無料(関東⇔関西)産
3164円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送可能
父の日 母の日 新茶 遅れてごめん 送料無料 ギフト お茶 日本茶 あす楽 帰省土産 誕生日
【お茶畑工房 茶和家 木村園】

【新茶2019】お茶 緑茶 新茶 深蒸し茶 送料無料 静岡深むし新茶 静岡新茶・旬2袋+1袋おま
2160円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
お茶産地・静岡県より産地直送でお届け☆深むし茶 お茶 緑茶 日本茶
【【 お茶の荒畑園 楽天市場店 】】

新茶 お茶 知覧茶 深むし茶 知覧みどり 100g 2本セットメール便送料無料 深蒸し茶 鹿児島
1350円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
知覧町の厳選した新茶を使用した知覧茶 深むし茶 まろやかでうまみのあるお茶です。ご
【知覧茶専門店 お茶の茶和樹】

父の日 遅れてごめん 母の日 プレゼント 新茶 お茶 日本茶 ギフト送料無料(関東⇔関西
4180円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送可能
父の日 母の日 プレゼント 新茶 初節句内祝い 退職祝い お茶 日本茶 高級 ギフト 父の日
【お茶畑工房 茶和家 木村園】

新茶 新茶 宇治新茶 緑茶 煎茶 茶葉 50g袋入り B-10§ 母の日ギフト 2019年産 宇治茶 お茶 宇
1080円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
京都の宇治茶の老舗が贈る宇治新茶2019。ことわざ「初物を食べると75日長生きする」にち
【抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門】

【今だけメール便無料!1,000円ポッキリ】2019年新茶 母の日 茶 ギフト 新茶 八十八夜新茶
1000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
母の日 茶 ギフト 新茶 八十八夜 八女茶 深蒸し茶 煎茶 贈り物 内祝 プレゼント ポイント
【牛島製茶 楽天市場店】

八十八夜新茶 初摘1.5号缶
2160円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
精気みなぎる大地から
【竹茗堂茶店】

お茶 2019年新茶 母の日ギフト プレゼントにも 品種別に選べる!上級茶3個入福袋 送料無
2160円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
お茶が最大3,240円相当!新茶も! 知覧茶など自由に選べる!選べる、大満足な福袋!水出
【お茶の山麓園】

土橋園 掛川深蒸し新茶あら茶仕立て & 銀座鈴屋 栗こわれ / 赤坂 掛川 深蒸し 新茶 あ
7516円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
TBS おびマルシェ お茶の老舗 赤坂 土橋園 こだわりの新茶 この時期だけの超お買得なセッ
【TBSショッピング 楽天市場店】

新茶入荷2019 新茶特撰あさつゆ100g 鹿児島茶 深蒸し茶 ポスト投函便送料無料
1296円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
希少な品種あさつゆの特撰ランク あまくてまろやか 渋みが少なくまろやかでグリーン
【お茶通販の長峰製茶】

新茶 知覧茶 深蒸し茶 農家の自家用仕立て80g×3本【メール便送料無料】お茶 深むし茶 日
1350円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
お茶農家が自宅で飲むように、昔ながらの作り方で茎、粉を取り除かず、一年中美味しく
【知覧茶専門店 お茶の茶和樹】

八十八夜新茶 初摘100g袋
1404円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送可能・翌日配送不可
精気みなぎる大地から
【竹茗堂茶店】

新茶 【クーポン利用で100円オフ!】 新茶のみくらべセット 【メール便送料無料】知覧茶
2000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
新茶のみずみずしい旬のおいしさを、ぜひお楽しみください。 母の日やプチギフトにも
【知覧茶専門店 お茶の茶和樹】

新茶入荷 2019 静岡県産深蒸し茶 八十八夜摘み新茶80g ポスト投函便送料無料
1200円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
新茶入荷 数量限定 毎年完売 静岡茶 縁起物/煎茶/緑茶母の日・父の日ギフトに日本茶
【お茶通販の長峰製茶】

穀雨(こくう)

晩春の季語 穀雨

季語二十四節気のひとつで、太陽の黄経が30度に達した時を言い、太陽暦では4月20日頃。この日から、立夏前日までが「穀雨」と呼ばれる期間。
「百穀潤う」とも言われる、穀物の成長を促す暖かさがあり、種蒔きに最適な雨が降る。春の終わりを告げる雨である。

この期間の七十二候は、葭始生(あしはじめてしょうず)、霜止出苗(しもやんでなえいづる)、牡丹華(ぼたんはなさく)。

苗床にうす日さしつつ穀雨かな  西山泊雲

インターネット歳時記

柳(やなぎ)

晩春の季語 

風見草(かざみぐさ)・遊び草(あそびぐさ)

季語日本で柳と言えば、主にシダレヤナギを指す。これは中国原産で、奈良時代に渡来した。雌雄の区分があり、日本で見られるもののほとんどは雄株。落葉性で、秋の終わりに一気に葉が散る。春には、葉をつけて、雌株は柳絮という綿毛を生じて実を飛散させる。

河畔に多く見られるのは、柳が水気の多い土地を好むことと、洪水で流されたものが茎伏せで繁殖したためである。また、生命力が強いことから、水害防止に水際に植えられてきた結果でもある。有名な「銀座の柳」も、同時に植えられた桜や松が、水害で枯死した結果残ったと言われている。
このようにシダレヤナギは、古くから街路樹として用いられてきた。これは、悪鬼を遠ざけるために植えられていた長安がモデルとなっており、長安を模して街づくりが行われた名残でもある。明治以降、桜がより好まれるようになるまで、街路樹と言えば柳であり、柳を取り上げた句も数多い。
しかし日本では、いつしか、シダレヤナギの枝を伝って霊が降りてくると言われるようになった。一般には、その佇まいが幽霊を連想させるからだと言われている。

ヤナギの漢字表記には「柳」と「楊」があり、枝が垂れ下がるシダレヤナギには「柳」、枝が立ち上がる種類には「楊」の字を当てる。万葉集では両方使われているが、明確な区分がなされているかは定かでない。次の歌は作者不詳の東歌。

楊奈疑こそ伐れば生えすれ世の人の 恋に死なむをいかにせよとぞ

「ヤナギ」の語源は「矢の木」であり、むかしは柳で矢が作られていた。

ほんのりと日のあたりたる柳哉  志太野坡

インターネット歳時記

木瓜の花(ぼけのはな)

晩春の季語 木瓜の花

更紗木瓜(さらさぼけ)

季語バラ科ボケ属の落葉低木。朱紅色の緋木瓜、純白の白木瓜、紅と白とが混じる更紗木瓜などがある。原産地は中国で、日本には平安時代に入ってきたと見られている。木瓜は、「ぼっか」「もっか」とも読む。果実が瓜に似ているところから、木になる瓜の意で「木瓜」となった。花は3月から4月に見られるが、11月頃から花を咲かせる寒木瓜もあり、こちらは冬の季語になる。
「先駆者」という花言葉を持つ。

▶ 関連季語 寒木瓜(冬)

だまされてをればたのしき木瓜の花  加藤楸邨

インターネット歳時記

若鮎(わかあゆ)

晩春の季語 若鮎

上り鮎(のぼりあゆ)・鮎の子(あゆのこ)

季語冬場に海で育った稚鮎は、3月頃から川を遡上する。「若鮎」はまた、清々しい若さの比喩ともなる。

▶ 関連季語 鮎(夏)

若鮎の二手になりて上りけり  正岡子規

インターネット歳時記

行春(ゆくはる)

晩春の季語 行春

行く春(ゆくはる)・春の名残(はるのなごり)・春の果(はるのはて)・春尽(しゅんじん)

季語過ぎ去ろうとしている春。拾遺和歌集には紀貫之の

花もみな散りぬる宿はゆく春のふる里とこそなりぬべらなれ

が載る。

▶ 関連季語 桜(春)

行春や鳥啼魚の目は泪  松尾芭蕉

インターネット歳時記

春蝉(はるぜみ・しゅんせん)

晩春の季語 春蝉

春の蝉(はるのせみ)松蝉(まつぜみ)

季語4月末から6月にかけて、松林のある緑地帯で「ジーッ・ジーッ」と鳴く。松蝉の異名もある。

春蝉の声引き潮の音もなく  臼田亞浪

インターネット歳時記

花筏(はないかだ)

晩春の季語 花筏

季語モチノキ目の落葉低木に、葉面の中央部に淡緑色の花をつける同名の植物があり、春の季語となる。通常、花筏と言えば、桜の花びらが水面に舞い落ちて、塊となっている様を言う。

▶ 関連季語 桜(春)

花筏置きざりに川流れゆく  きくちつねこ

インターネット歳時記

桜(さくら)

晩春の季語 

山桜(やまざくら)・八重桜(やえざくら)・花(はな)花見(はなみ)桜狩(さくらがり)花盛り(はなざかり)花吹雪(はなふぶき)桜前線(さくらぜんせん)花曇り(はなぐもり)花曇(はなぐもり)養花天(ようかてん)花の雨(はなのあめ)花冷(はなびえ)花冷え(はなびえ)花月夜(はなづきよ)花衣(はなごろも)花篝(はなかがり)

季語バラ科サクラ属の落葉高木。現在では「花」と言えば、一般的には「桜」を指す。エドヒガンやヤマザクラは、古くから日本に自生していた。桜から派生した季語も非常に多く、桜の散り際に見られる「花吹雪」「花筏」、桜の咲くころの空を表現した「花曇」「養花天」、花見衣装の「花衣」など、枚挙に遑がない。
また、古くから歌にうたわれ、万葉集にも約40首の歌が載せられているが、梅の119首に比べると少ないことから、古代人が愛でた花は主に梅だったと言われる。紀貫之が古今集で「安積山の歌」とともに歌の父母とした王仁の

難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花

の「この花」は、その季節感から梅とされるが、これは「此の花」であり、高所に花をつける「木の花」とは異なるという考えもある。

皇祖の母神コノハナサクヤビメは、「サクヤ」から「サクラ」の語源にもなったとされる神で、富士山を祀る浅間大社に鎮座する。太宰治の「富嶽百景」で、「富士には月見草がよく似合う」と謳われるが、これは、富士でかぐや姫の遺した不死の薬を焼いたとされる竹取物語を参考にしたもので、本来の富士の姿は桜である。

また、太古より日本にはサガミ信仰という、稲の神霊「サガミ」が桜の木に宿るという信仰があり、山に入って花見を行いその年の豊穣を祈っていたという説がある。これを基に、「サ神」が宿る神座(クラ)を「サクラ」とする語源説もある。いずれにせよ、桜は太古より特別な花だったことから、多くの名歌が生まれている。

世の中にたえてさくらのなかりせば春の心はのどけからまし  在原業平「古今和歌集」

ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ  紀友則「古今和歌集」

花の色はうつりにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに  小野小町「古今和歌集」

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎの望月のころ  西行法師「続古今和歌集」

なお、弘仁2年(811年)に地主神社を訪れた嵯峨天皇は、「御車返しの桜」とも呼ばれるようになった桜に惚れ、これを機に、「梅」と「桜」の地位が逆転し、梅よりも桜が愛でられるようになったともいう。

さまざまのこと思い出す桜かな  松尾芭蕉
花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

インターネット歳時記

菜の花(なのはな)

晩春の季語 菜の花

花菜(はなな)・菜種の花(なたねのはな)・菜種菜(なたねな)・油菜(あぶらな)

季語アブラナ科アブラナ属の花の総称で、種は菜種油の原料となることから、その植物を油菜ともいう。花を食するものは菜花という。晩春の季語ではあるが、年末に花をつけ始める地方もある。
「肴(な)」と語源が同じだと言われ、食用植物の花の意である。

菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村
菜の花の遙かに黄なり筑後川  夏目漱石

インターネット歳時記