俳句検索結果



柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺  正岡子規 
夏草や兵どもが夢のあと  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
秋風やむしりたがりし赤い花  小林一茶(おらが春) 
赤い椿白い椿と落ちにけり  河東碧梧桐 
秋深き隣は何をする人ぞ  松尾芭蕉 
朝顔につるべとられてもらい水  加賀千代女 
荒海や佐渡に横とう天の川  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
うまさうな雪がふうはりふわりかな  小林一茶 
梅一輪一輪ほどのあたたかさ  服部嵐雪 
行水の捨てどころなし虫の声  上島鬼貫 
鶏頭の十四五本もありぬべし  正岡子規(新聞日本) 
これがまあ終のすみかか雪五尺  小林一茶 
五月雨を集めてはやし最上川  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
さらさらと竹に音あり夜の雪  正岡子規 
閑かさや岩にしみ入る蝉の声  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
しばらくは花の上なる月夜かな  松尾芭蕉 
すずめの子そこのけそこのけお馬が通る  小林一茶 
旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる  松尾芭蕉 
遠山に日の当たりたる枯野かな  高浜虚子 
菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村 
ねぎ白く洗ひたてたる寒さかな  松尾芭蕉 
春の海ひねもすのたりのたりかな  与謝蕪村 
古池や蛙とびこむ水の音  松尾芭蕉 
名月や池をめぐりて夜もすがら  松尾芭蕉 
名月をとってくれろと泣く子かな  小林一茶 
目には青葉山ほととぎす初がつお  山口素堂 
やせ蛙負けるな一茶これにあり  小林一茶 
やれ打つなはえが手をする足をする  小林一茶 
夕立や草葉をつかむむら雀  与謝蕪村 
雪とけて村一ぱいの子どもかな  小林一茶 
をととひのへちまの水も取らざりき  正岡子規 
春風や闘志いだきて丘に立つ  高浜虚子 
秋空を二つに断てり椎大樹  高浜虚子 
去年今年貫く棒の如きもの  高浜虚子 
菜の花の中へ大きな入り日かな  夏目漱石 
たたかれて昼の蚊をはく木魚かな  夏目漱石 
別るるや夢一筋の天の川  夏目漱石 
旅の夜の目覚めわびしき蚊火ひとつ  水原秋桜子 
雪残る頂一つ国境  正岡子規 
島々に灯をともしけり春の海  正岡子規 
あたたかな雨が降るなり枯葎  正岡子規 
草の戸も住替る代ぞひなの家  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
行春や鳥啼魚の目は泪  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
あらたうと青葉若葉の日の光  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
暫時は瀧に籠るや夏の初  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
夏山に足駄を拝む首途哉  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
木啄も庵はやぶらず夏木立  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
野を横に馬牽むけよほとゝぎす  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
田一枚植て立去る柳かな  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
風流の初やおくの田植うた  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
世の人の見付ぬ花や軒の栗  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
早苗とる手もとや昔しのぶ摺  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
笈も太刀も五月にかざれ帋幟  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
笠嶋はいづこさ月のぬかり道  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
桜より松は二木を三月越し  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
あやめ草足に結ん草鞋の緒  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
五月雨の降り残してや光堂  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
蚤虱馬の尿する枕もと  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
涼しさを我宿にしてねまる也  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
這出よかひやが下のひきの声  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
まゆはきを俤にして紅粉の花  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
有難や雪をかほらす南谷  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
涼しさやほの三か月の羽黒山  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
雲の峯幾つ崩て月の山  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
語られぬ湯殿にぬらす袂かな  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
暑き日を海にいれたり最上川  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
象潟や雨に西施がねぶの花  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
汐越や鶴はぎぬれて海涼し  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
文月や六日も常の夜には似ず  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
一家に遊女もねたり萩と月  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
わせの香や分入右は有磯海  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
塚も動け我泣声は秋の風  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
秋涼し手毎にむけや瓜茄子  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
あかあかと日は難面もあきの風  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
しほらしき名や小松吹萩すゝき  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
むざんやな甲の下のきりぎりす  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
石山の石より白し秋の風  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
山中や菊はたおらぬ湯の匂  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
今日よりや書付消さん笠の露  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
終宵秋風聞やうらの山  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
庭掃て出ばや寺に散柳  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
物書て扇引さく余波哉  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
月清し遊行のもてる砂の上  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
名月や北国日和定なき  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
寂しさや須磨にかちたる濱の秋  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
波の間や小貝にまじる萩の塵  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
蛤のふたみにわかれ行秋ぞ  松尾芭蕉(おくのほそ道) 
かさねとは八重撫子の名成べし  河合曾良(おくのほそ道) 
卯の花をかざしに関の晴着かな  河合曾良(おくのほそ道) 
松島や鶴に身をかれほとゝぎす  河合曾良(おくのほそ道) 
卯の花に兼房みゆる白毛かな  河合曾良(おくのほそ道) 
蚕飼する人は古代のすがた哉  河合曾良(おくのほそ道) 
湯殿山銭ふむ道の泪かな  河合曾良(おくのほそ道) 
象潟や料理何くふ神祭  河合曾良(おくのほそ道) 
波こえぬ契ありてやみさごの巣  河合曾良(おくのほそ道) 
行行てたふれ伏とも萩の原  河合曾良(おくのほそ道) 
蜑の家や戸板を敷て夕涼  低耳(おくのほそ道) 
竹の芽も茜さしたる彼岸かな  芥川龍之介 
いくたびも雪の深さをたずねけり  正岡子規